笑顔の自由と笑顔の乱用、

 
じゃなくて、言論の自由と言論の自由の乱用

 

 
リアルの世界で人と話すのって気持ちいいよね、聞いている眼の前の人の反応を感じながら、受けとめてもらえるんだとか、自分の口から発する自分の声を聞いて、いいこと言ってるよなとか、感じ取れるものがネットとは全然違う。
 


それに比べるとネットって、人に面と向かって話すのに比べてとても簡単に言葉を言い放つことができてしまうし、消せない文字として世界に刻まれてしまう。
 
どんないいことも、くだらないことも分け隔てなく。果たしてそんな自由はほんとにみんなを幸せにするのかな。
 
リアルの世界にも、ネットの世界にも、人と人との関係があるところってどこにでもトラブルは絶えない。
 
ぎくしゃくとか、嫌な思いをしても、既に生活の一部になってる世界からは安やすと抜け出したり、関係を絶つこともなかなかやりにくいよね。
 

 
辛いときって、なかなか笑顔でいれないよね。無理して笑顔しなくてもういいよ。
どんな状態のあなたも、それでOK。失敗してもOK。失敗のしない人間っている?
 
 
辛いことから逃げたって構わないよ。犯罪は別として、どんなことだって、あなたには追い詰められる程の責任なんて無い。
 
でもね、一つ残念なお知らせがあるよ。
 
あなたのその辛さは残念ながら誰にも伝わらないんだよ、あなたが感じるほどにはね。どんなに伝えようとしても。あなたの辛さはあなた以上に理解できる人はいないんだ。
 
だから、あなたを本当に守れるのはあなたなんだよ。あなたはあなたの弁護士。世界中の誰かがあなたを否定しようともあなただけはあなたの味方。だからあなた自身のことを諦めたらだめだよ。誰かに伝えよう。誰かがいなければ叫ぼう、外に行かなくてもいい、ブログがあるよ。
 
 

 
 
そして私は、あなたの味方。あなた程にあなたのことは理解できないかも知れないけれど、二番目か三番目くらいには理解できるかも知れない。
 
何が出来るか。少なくともあなたの代弁者になってあげるよ。あなたの代わりに、あなたが救われること、あなたと同じ立場の人が救われること、それを笑顔の力で。
目印がわからなかったら、笑顔が目印。幸せな人しか人を幸せには出来ないから。
 

 
私は認める、自分は幸せだってこと。だから笑顔もいくらでも連発出来る。それで誰か困る人いる?笑顔は自由だし、乱用だってし放題。
 
笑顔出来ない人がいる限り、誰よりも笑顔の光を向けてあげるから。
スポンサーリンク
おすすめの記事