シックスパッドでダイエットできるの? 3つの組み合わせなら必ず痩せる! 痩せるまで続けたらね

 

シックスパッド-ダイエット

 

シックスパッドだけで痩せようとダイエットに励んでも、それはちょっと無理があるよね。シックスパッドは本来筋トレや体の改善を目的としたものだから。

 

たった一人だけのサッカーチームでサッカーの試合に勝てないのと同じような理屈なんだ。 ちょっと違う?・・・

 

 

ダイエットに勝利するためにはメンバーがいる。サッカーほどはたくさんはいらないけどね。

 

メンバーの役割を決めて、目指すゴールを決める。そう、ゴールとはスリムで健康な体のことだ。

 

ダイエットはこれから紹介する3人と長く、うまく付き合っていくことが成功の秘訣。

 

一瞬だけ痩せても意味がないよね。ずっと継続して理想の体型と健康な体を手に入れることを目指そう。

 

この記事の目的

ダイエットを効率的に実現するために、シックスパッドを取り入れたトレーニングをおこなう

 

こんな人におすすめの記事

ダイエットを効率的におこないたい人

ダイエットを継続的におこないたい人

 

シックスパッドだけじゃ痩せたりはしない。でも、痩せるためのあなたの努力を無駄にはさせない。

 

ダイエットの精鋭メンバーを募集するんだ

 

ダイエットの精鋭を集める

ダイエットを成功させるにはどうすればいいのか?それは勝つためのメンバーを少なくとも3人募集するんだ。

さぁメンバーを募集しよう!

 

ダイエットのメンバーはこの3人
  1. 筋肉をつける役割
  2. 脂肪を燃やす役割
  3. 脂肪を増やさない役割

 

 

ダイエットの精鋭メンバーが3人必要な理由とは

 

「筋肉をつける役割」筋トレのことだ。

 

なぜ筋肉をつける必要があるのか?それはエネルギーを消費しやすい体にするためだ。

 

「脂肪を燃やす役割」有酸素運動のことだ。

 

既にある脂肪を無くすには、燃やして減らしていく必要があるからだ。

 

「脂肪を増やさない役割」ダイエットだ。健康的な食事のこと。

 

体の入り口で、脂肪が増えてしまう食事を制限する必要があるからだ。

 

3人は一つのチーム。一丸となって目指すゴールを狙うんだ。

 

 

シックスパッド 脂肪の下で眠る筋肉を叩き起こそう!

 

シックスパッド

 

筋肉をつける役割、ここはシックスパッドの役割なんだ!メンバーに加えてみよう。

 

脂肪の深い海の中にある筋肉を、少しづつ増やしていく。

 

深い海の底の筋肉まで光が届く日を待ちながら少しづつトレーニングするためにね。

 

シックスパッドは最短距離で筋肉アップへの近道

 

チェストフィット

 

運動せずとも筋トレができるのがシックスパッド。

 

ダイエットを効率的に、継続的にしていくために、3つのことを取り混ぜてみようというのが今回のテーマ。

 

たくさんのことを一度にするのは、大変だよね。だから少しでも楽にできる方法を取り入れていくことが大事。

 

その一つがシックスパッド。目的をもって、トレーニングとしてシックスパッドを活用していくことがとても効果的な使い方。

 

脂肪の下の筋肉を叩き起こすにはシックスパッドは頼もしい限り。

 

さらに、余裕があればシックスパッド以外の筋トレも相乗効果あり。できればいろいろと組み合わせてみよう。

 

みんなが揃って、シックスパッドの効果を享受できるとは限らないからね。同じ人間が世の中に二人として居ないように、筋トレの効果のあるやり方も千差万別だから。

 

シックスパッドについての詳しい記事はこちらから参考にしてみてね。

 

 

脂肪の壁を燃やせ!有酸素運動で 脂肪の壁を突き破るには?

 

ジョギング

 

脂肪を燃やす役割とは、有酸素運動だ。

 

有酸素運動って、走ったり自転車に乗ったり、息が切れるような、汗をたくさんかくような運動なの?

 

実は脂肪を燃やす運動はそれほど頑張らなくていいんだ。

 

息をはーはー切らすような運動はかえって脂肪燃焼効率が低いんだ。そんなに頑張らなくても大丈夫。

 

息が切れない、汗もかかないぎりぎり上限くらいが最も脂肪燃焼をする運動レベル。

 

それってどれくらいの運動かよくわからないよね。そんな時に役に立つのが心拍計。心拍計付きの腕時計を使うと、とても脂肪燃焼の運動には役に立つ。

 

具体的に説明すると、あなたの最大心拍数の40%~70%くらいの運動が脂肪燃焼するにはちょうどいい運動なんだ。

 

その40%~70%のゆるい運動かどうかをチェックするために心拍計を使うんだ。

 

 

心拍計トレーニングのやり方を詳しく書いた記事はこちらにあるから、参考に読んでみてね。難しくないよ。始めたらやみつきになるトレーニング。

 

 

そして、心拍トレーニングに欠かせないものがあなたの心拍を計測するための機器だ。と言っても、大げさなものではなく腕時計、専用のハートレートモニター付の腕時計や、スマートウォッチだ。

 

最近のスマートウォッチには心拍計がついたものもたくさんあるので、活用することでとてもモチベーションがアップする。

 

スマホのアプリとも連携していて、体重管理、睡眠管理などの機能があったりでとても便利。モチベーションが継続するアイテムだよ。

 

継続することができるかどうかが、ダイエットの最も大切なポイントだからね。

 

 

おすすめのスマートウォッチはシャオミのAmazfit Bip。詳しくはこちらを見てね。

 

 

脂肪を増やさない、体に取り込まない食事とは

 

ダイエット1222

 

ダイエットしようとするとき、よくあるパターンは何かダイエット食を体に取り入れて痩せようとするもの。

 

でもよく考えてみよう。痩せようというのに、何かを食べて痩せれる? 不自然だよね。

 

何かを体に取り入れて痩せれるというものがあるとすれば、排せつを促進するようなものということになるよね。

 

下痢ばっかりで、大切な栄養素まで排泄してしまってないかな?

 

今の食事の代わり、おやつの代わりに、ダイエットに適した食べ物を体に取り入れていくのが大事。

 

と言っても、同じものばかり取り入れ続けるなんて無理がある

 

たいがい飽きるよね。全ての食事をダイエット食に変えるのも無茶なやり方。そんなことをしても、いつまでも続けられないよね。

 

急激に痩せたり、いっぺんに体重が落ちるなんて売りになっているものは、かえって疑ってかかるべき。

 

そういう痩せ方をしても、習慣として痩せたわけではないから、じきに元通りになってしまう。リバウンドしてしまう。

 

断食がいつまでもできないのと同じように、急激に痩せる状態もいつまでも維持することはできないと考えてみるのが自然かもね。

 

 

ダイエットを維持していくことは、生活習慣を変えるということに等しい。

 

たいていのダイエット方法は何年も継続できるようなものではない。すぐに飽きるのは当たり前と考えておこう。

 

だから定期的にダイエット方法を変えていくことが大事。最初からそう言う気持ちで考えよう。

 

ダイエット方法をローテーションさせるんだ。ダイエット食を摂るとしても1ヶ月単位で変化させていこう。

 

そして、いつも通りの食事もローテーションに加えておくのが大切だよ。

 

1週間に1回はしっかりカロリーを摂る生活をしよう。その理由は、常に少ないエネルギー消費の体に変わってしまうと基礎代謝が減ってしまうから。

 

たまにエネルギーがたくさん体に入ってくると、省エネモードの体にならなくてすむからね。

 

しっかりエネルギーを燃やす体を維持しないといけないんだ。

 

 

おすすめのダイエットについての記事はこちらから。でも、こんなのはずっとはやらないのが大事。

 

 

ダイエットの精鋭メンバーが3人がいれば

 

ダイエットの精鋭メンバー

 

なぜ、このダイエットの精鋭3人が大事なのかというと、3人のうち1人が少々くじけても、残りの2人がカバーできるからだ。

 

残りの2人が頑張っている間に、くじけた1人が復帰するか、別の何かに入れ替えるんだ。

 

今よりもっといいやり方とかグッズととかを見つけたときは、思い切って入れ替えていこう。

 

例えば、筋トレを、シックスパッドから、スポーツジムでの筋トレに変えてもいいだろうし、ダイエット食もプロテインダイエットから、スムージータイプのにしたりとかね。

 

 

出掛けられない時は地道に自宅でトレーニングが無難?まずはダンベルが定番でおすすめ。家でできるトレーニングはあらかじめやっておくとジムでは別のメニューができるからね。あると便利なイチオシトレーニングギア一覧はこちらから→FightingRoad

まとめ ダイエットは長く継続させるための工夫が最も大事

 

ダイエットでお腹がへこむ

 

ダイエットはとにかく長く続かないもの。ダイエットと思っているうちは特にね。

 

ダイエットがいつもの生活の習慣になってしまえばこっちのもの。もう特別なことではないよね。

 

ダイエットは、目標を達成したらおしまいというわけにはなかなかいかない。

 

やめた途端にまた太っちゃったら、これまで頑張ったのが水の泡だよね。

 

 

3人のメンバーを、時代や、好みの変化に応じて入れ替えていくのが望ましいよ。

 

今年買った服も来年には新鮮味が薄れるのと同じように、ダイエットだって一緒。

 

常に新しい方法はないのか?という意識を持つこと。

 

少しでも興味があるものはすぐにくわしく調べてみること。

 

お試しでもなんでもいいので、すぐやってみること。

 

筋肉をつける役割

脂肪を燃やす役割

脂肪を増やさない役割

 

これら3つの役割は、ちょっと最近駄目だな、と感じる前から、次の新しい候補者を探しておこう

 

そのためにいろいろな情報に敏感になることが大事なんだ。

 

新しい候補者が見つかった時、思い切って入れ替えてみよう

 

 

一生続く生活習慣そのものが、ダイエットになるように自分の習慣にしていこう。

 

 

 

有酸素運動は走ったりしないといけなくて面倒だよね。これを読めば走り出したくなるかも。おすすめの脂肪燃焼方法はこちらから見に来てね。


★最新記事の通知★を受け取る
スポンサーリンク