スマホから世界中のドローンを操縦 新しいレジャーのかたち 5Gで実現する

 

ドローン

 

いよいよやってくる5Gの高速ネットワーク通信。一体何ができるの?

 

高速通信だからできること、世界中のドローンをスマホで遅延なく操作できるんだ。

 

ドローンには高解像度のカメラが搭載されていて、こんな(下動画の)シーンも家にいながらもリアルタイムで楽しむことができる。

 

 

上の動画は再生時間が長いよ。ハワイオアフ島をドローンで1周り撮影した動画。

 

でもね、あなたの行きたいところには1mmさえも行くことができないんだ。

 

この動画はいつ撮影されたもの?今日や昨日じゃない。かなり前の動画だよね。

 

 

Youtubeなどで海外の風光明媚なスポットなどの動画を観るのはそれなりに楽しいこと。

 

でも、自分しか知らないたった今を体験できることは、過去の動画を観ることよりも何百倍も素晴らしいことだと思わない?

 

スマホを使ってネット経由で遠隔操作できるドローンがあれば、たった今の海外の景色をあなた自身の意思で見て回れるんだ。

 

過去の動画から、たった今現在の映像を楽しむ世界へ変わっていく。

 

 

5Gでドローンができること 今ならあなたの選びたい放題

 

ドローン

 

5Gの高速ネットワークを利用することで、世界中のあちこちに設置されたドローンサービスを利用できる。

 

利用者はリモートで各種のドローンを利用する。まるでその場にいるような感覚でドローンを遠隔利用できるというサービス。

 

ドローンはよく見かけるヘリコプタータイプ以外にも、水上を走るボートタイプのもの、もちろんダイビングタイプのものだったら水中だって行動できる。人間そっくりなロボットタイプならあなたの代わりに行動することだってできるかもね。

 

 

ヘリコプタータイプのドローン

 

ドローン

ヘリコプタータイプのドローンは今一番よくありふれた普及タイプ。場所を選ばず楽しむことができる。(規制のある場所以外)

 

 

車タイプのドローン

 

ドローン

これまでのラジコンにカメラが装着されたものをイメージしてみよう。壮大な平原や砂漠のようなところも走破できるんだ。

 

サーキットみたいなところだったら、遠隔でレースを楽しむことができるね。

 

歩行タイプのドローン

 

ロボット

人型タイプのロボットがあなたの代わりに行動する。もちろんあなたが遠隔操作。公共交通機関を利用したりもできる。お店でショッピングだって。観光用ロボットとして国や地域をあげてサービスを提供する日も近い?さすがに飲食は無理だけどね。

 

水上タイプのドローン

 

ドローン

モーターボートや船のタイプのドローンで海上、湖上、川だって自由に移動して楽しめるよ。

 

水中タイプのドローン

 

ドローン

ダイビングが家にいながらできるんだ。あなたの好きな海を選んで。しかも水中でのトラブルなどのリスクはゼロ。安全だよね。

 

クモタイプのドローン

 

ドローン

壁などに吸盤で吸い付くので高層ビルみたいな垂直にだって移動できる。マジックハンド状の手足があればジャングルや複雑な地形の場所でも自由に移動できる。

 

宇宙タイプのドローン

 

ドローン

宇宙の空間を自在に楽しむことができる。ロケットで行かなくてもね。家の中で宇宙旅行だって可能になるかも。

 

自分で楽しむこともできれば、もちろん配信することもできる。あなた次第。

 

そんなのどこで売ってるの?

 

無いものは作るんだ。

 

 


【amazon】SNAPTAINのドローン  小型で重量は 200g軽量未満、折り畳み式、バッテリー2個付き、飛行時間20分、720P HDカメラ付き、自動ホバリング、国内認証済み

サービスはまだ始まる前 あなたが一番乗り 成功のロードマップ

 

ドローン

 

幸か不幸かこれらのサービスはまだ世の中には無い

 

今すぐできることとできないことがあるよね。

 

でもね、この世界で思いつくことでできないことはないんだ。

 

誰かが作るこれすごい!ってサービスができるのを待つのか、それともあなたが一番に始めるのか

 

あなたも待ってるように、あなた以外のみんなも待ってるよ。

 

 

これがあなたのドローンビジネスのロードマップ

 

世界初のビジネスのやり方を大公開。ビジネスの世界は早い者勝ち。

何かを感じ取れたら即行動しよう。

 

STEP1 まずはドローンを手に入れよう。

 

まずは自分でドローンを飛ばしてみよう。どんなものでもいいよ。

 

どんな技術が必要なのか、難易度はどうなのか、大きさは、バッテリーは実際に触ってみないと実感わかないよね。

 

STEP2 次はネット経由でドローンをコントロールしてみよう。

 

ドローンアプリをネットワーク越しに使えるようにするには新しいアプリが必要かな。

 

ここは難易度が高いので後回しでもいいよ。

 

自分で開発するか、外注するか、探してきて利用するかのどれか。

 

STEP3 業務に必要な規制やルールを調査しよう。

 

どういう条件、場所ならドローンを使ったサービスを提供できるのかもね。

 

STEP4 あなたのサイトで利用者を募ろう。

 

専用サイトを立ち上げないといけないね。

 

利用するのはあなたのネットワークに接続した世界中の誰かなんだ。

 

STEP5 サービス料金も設定しよう。

 

ドローンリモート5分間XXX円だとかね。ここから先は本格的にビジネスモデルを考えていこう

 

 

あなたがドローンといるその場所がビジネスの場所になるかもね。世界中を転々と行く先々でビジネスができる。そんな未来は遠くない。あなた次第なんだ。

 

 

まとめ あなたなら小さな一歩を踏み出せる

 

ドローン

 

さあ、今からSTEP1を始めよう

 

あなたの家でも、裏庭でも、怒られないところでドローンを飛ばそう。

(特別な許可の必要のない私有地内などがいいかもね)

 

やるかやらないかはあなた次第

 

誰かやっているのを知っている?いないよね。

 

まだ誰もやっていないから、チャンスなんだ。

 

最初の一歩が無ければ、二歩目はやってこない。

 

最初の第一歩はドローンを手に入れてみること。一番ハードルが低いことだね。

 

ドローン

 

成功する人の特徴って知ってる?

すぐやる人が成功する人なんだって。

 

早速手に入れて試してみよう。

 

 

※ドローンビジネスに関する記事は追って継続して新記事を作成予定。

 

 

 

 

★最新記事の通知★を受け取る
スポンサーリンク