Amazfit GTS2eをレビュー HUAMIのMiはシャオミのMi 安心で高性能

Amazfit GTS2e

AmazfitはHUAMIのスマートウォッチ。GTS 2eはGTS2の廉価版(economy)。こう言うと安っぽく聞こえがちなものの、そんなことは全くない。

 

使われない機能を削って価格を安くするのは歓迎すべき改善。

 

ウォッチ表面のガラスが3Dから2Dになっていても、そこにこだわる人ってほぼいない。

 

機能は遜色なく、安くなるに越したことはないよね。

 

しっかり使ってみたのでレビューしていこう。

 

Amazfitとは

Amazfit GTS2e

AmazfitはHUAMIという会社のスマートウォッチシリーズのことを意味する。

 

HUAMIはXIAOMI(シャオミ)グループの一社。会社名の最後の2文字が「Mi」となっているのでわかりやすい。

 

シャオミブランドとしてHUAMIは、スマートバンドのMi Bandシリーズ、Mi WatchシリーズなどをOEMで製造している。

 

ちなみにMi Bandシリーズは世界で最も売れているスマートバンド。同じ製造元のHUAMIが作るスマートウォッチがAmazfitなんだ。

 

シャオミは2021年、最も注目されているAndroidスマホの会社。

つまりAmazfitは買っても心配ないブランドということ。

 

Amazfitとは なんて読むの?

Amazfit GTS2e

Amazfitの読み方は日本ではアマズフィットなどとカタカナ英語の読み方をしているのを見かけるが、日本以外の英語圏の人はこれをアメイズフィットと呼ぶ。

 

あなたが恥ずかしいかどうかで、どちらで読んでも構わないよ。

 

Amazfit Bipと比較 GTS 2eのバッテリーの持ちは

Amazfit bipと比較

Amazfit BipとGTS 2eを比較してみよう。バッテリーの持ちをはどう違うのかなど。

 

筆者はAmazfit Bipをこれまで長らく使用していて、今回GTS 2eに乗り換えた。

 

Amazfit BipはAmazfitシリーズのベストセラー製品。特筆すべきはそのバッテリーの持ち。これは採用されている液晶画面によりもたらされるものでもある。

 

バッテリーを充電することを忘れてしまうほどに長持ちする。

 

Amazfit Bipの液晶画面は今主流のAMOLEDタイプではなく、TFTタイプ。バックパネルが反射するので直射日光でとても見やすい。

 

もちろんGTS 2eの画面はAMOLEDなのでいかなる場所でも見やすい。

 

GTS 2eは今は主流のAMOLEDタイプの液晶。そのためバッテリーの持ち時間はBipの驚異的な長さには遠く及ばない。

 

GTS 2eは1週間程度はバッテリーのことは何も気にせずに使えそうだ。

 

Amazfit Bipのことはこの下のリンクに詳しい記事があるので併せてチェックしてみよう。

GTS 2eはアプリと両輪で評価 Zeppアプリとは

ZEPPアプリ

GTS 2eはスマートウォッチとしてウォッチ上から使う機能はもちろんのこと。アプリ側の機能もチェックしておこう。

 

GTS 2eでは専用スマホ用のZEPPアプリというものが用意されている。

 

Amazfit BipではMi Fitというアプリが用意されていた。

 

これまでMi Fitを使っていたので、GTS 2eでもそのままMi Fitアプリが使えるのが良かったのだが、無理なようだ。おそらくよくある大人の事情。

 

試しにMi Fitアプリで使えないかを試してみたが、新しい機器として、GTS 2eは選択肢になかった。

 

おそらくMi Fitは「Mi」とあるように、Xiaomi製品専用の位置づけとしており、同じ製造元であるにもかかわらず、GTS 2eは使わせてもらえない。

Zeppアプリ

その代わりにZeppアプリというものが用意されている。両方のアプリを使ったことがある人ならすぐに気付くが、ほとんど同じ機能が使える。個別の機能や画面なども同じものを流用している。

 

Zeppの意味はよく分からないが、日本のライブハウスとは無関係。

 

ZeppアプリとMi Fitアプリを比べると前者は残念ながらユーザーフレンドリーな雰囲気にはなっていない。

 

特に最初に起動して表示される画面がとっつきにくい。Mi Fitアプリとは機能性は違わないのに随分見劣りしてしまう。

 

こんなところはデザインを変えるだけでずいぶん良くなるのだからさっさとアップデートを期待したい。

 

GTS 2eの着け心地は

amazfit

Amazfit Bipとはほぼ変わらない着け心地。

気持ち重くなった程度であるが、四六時中、睡眠中も着けているが生活上も支障はない。

 

GTS 2eは充電している間を除けば常に身に着ける。そういう使い方をするのがスマートウォッチの正しい使い方。

 

すべすべしたシリコンバンドの肌触りもよく、常に着けていても不快感は低い。

 

GTS 2eの画面の表示は

Amazfit GTS2e

画面の表示はきれいの一言。AMOLED液晶だから、くっきり精細に表示される。

 

このウォッチフェイスでは情報を短時間にチェックするくらいなので、必要以上の綺麗さまでは求めていないのも実情。

 

他人に対する見栄えという点を重視する場合はまた違う尺度で見ることになるが。

 

画面表示の明るさは、周りの明るさに合わせて自動的に変化させる設定も可能。(デフォルト)

 

明るさ固定では直射日光の下では見えにくい場合もある。

 

前モデルのBipの場合は液晶自体が発光することはなく、液晶のバックパネルが光を反射するので日光の下が最も見やすいという特徴がある。

 

ここがBipの売りのポイントでもある。

バックライトなしで見やすい液晶なので、バッテリーの消費も抑えられる。

 

GTS 2eの方はこの見やすいAMOLEDのおかげでかなりバッテリー消費が激しい。

デザイン性も優れ、今やスタンダードな液晶であるのでここはそんなもんだとしておこう。

 

GTS 2eの操作感は

Amazfit GTS 2e

ウォッチの右側に物理ボタンがある。ボタンを押すことで画面表示がオンになる。表示がオンになると液晶面をタップして操作ができるようになる。

 

メニューは上下左右に画面表示をスライドさせることで変更することができる。

 

最初こそどこに何があるかわからないが、心配はいらない。

 

ちなみに、未だにメニューの配置は理解できていない。

要するにわからなくとも大丈夫ということ。

 

自分がいつも使う項目の出し方をマスターすればなんら他は不自由はない。

 

よく使うのは、ランニング、ウオーキングと筋トレくらい。スポーツの内容はたくさんあるから、あなたの好みのスポーツがメニューの奥底にあるときは順番を変えて手前にしておこう。

 

あなたの望むエクササイズはあるかな?

Amazfit GTS2e

よく使う、ランニング、ウオーキングについて紹介しておこう。

 

機能をスタートさせるとGPSをサーチし始める。衛星の電波から自分が今いる位置が特定できると「GO」のボタン表示が色付きに変わる。

 

このサーチ時間は30秒以内には終わるのだが、走り始める際は30秒でも結構元のスタート位置からは離れてしまう。

 

「GO」のボタン表示が押せる状態にならなくても、実はすぐに押すことが可能になっている。

 

すぐに「GO」のボタンを押して、スタートして、衛星から座標を特定できた時点で通知をしてくれる。

 

筋トレなど、様々なエクササイズに応じたメニューがあるので運動する時はセットしてからしよう。

 

おすすめスマートバンドMi Band 6はこちらのリンクからレビュー記事をチェックしてみよう。

GTS 2eのカスタマイズは

カスタマイズ ウォッチフェイス

Amazfitだけではないが、スマートウォッチのウォッチフェイスは好みのものに変えることができる。

 

iPhoneとAndroidで使える内容や、使い方に違いがあるので注意が必要。

 

まとめ Amazfit GTS 2eを買って後悔する人はいない

スマートウォッチ

Amazfit GTS 2eを手に入れたあなたは後悔というものが存在しないことに気付くはず。

 

スマートウォッチは活用すればするほど健康になれる、隠れ健康グッズ。

 

生活の中心にスマートフォンがなくてはならなくなった現代。

 

健康の中心にスマートウォッチ、スマートバンドがなくてはならなくなっている。

先にそのことに気付いたあなたは、先に健康に近づける人。

 

 

 

関連記事はこちらからチェックしてみよう