マッサージガンはいつ使う? 運動中に使うとどうなるの

マッサージガン

マッサージガンの効果と言っても二種類のものがあるんだ。その二つとは、癒やしの効果と、運動など成績(結果)の効果。

 

今回の記事では後者の運動に関する効果を取り上げて説明していこう。

 

別の記事では、運動前にマッサージガンを使用することで体の柔軟性が向上することに触れてきた。

 

今回は、運動(トレーニング)の途中でマッサージガンを利用することで、結果=記録が向上したという研究があるんだ。

 

いわゆるドーピング的な、体の能力をブーストさせるようなマッサージガンの使い方。

 

別にいけないことをしているわけではないので、うまくマッサージガンを活用しながら記録向上に活用していこう。

 

スポンサーリンク

マッサージガンは運動のどのタイミングで使うべきなの

マッサージガン

運動を行うタイミングを細分化すると以下の3つになる。

 

実際のところマッサージガンの効果的な使用するタイミングはこれらすべてというわけなんだけど、今回は②を中心に、もう少し掘り下げてみよう。

 

①運動する前

②運動中

③運動の後

 

②って運動中じゃないの?!。

もちろん走りながらとかでマッサージガンを使うわけじゃないよ。

 

運動の種類、競技内容にもよるんだけど、途中には休憩のタイミングがあるよね。

 

そういった、インターバルのタイミングにマッサージガンを使用すればパフォーマンスがアップするんだ。

 

スポンサーリンク

筋トレでマッサージガンを検証 スペインの事例

マッサージガン

スペインのEADE-Universityで行われた研究を紹介しよう。

2021年8月、"International Journal of Environmental Research and Public Health"に掲載された論文。

こちらがその論文の結論部分の引用。

Percussion therapy is an effective method to delay the loss of movement velocity in the bench press exercise.

PMCID: PMC8345385
PMID: 34360032

※Percussion(パーカッション)、Percussive(パーカッシブ)というのはマッサージガンの動き方から、海外ではパーカッションガンなどと呼ばれている。

日本語訳はこうだ。

「ベンチプレス中のマッサージガンの使用は、トレーニング速度の低下を遅らせるのに効果的な手段となります。」

 

この研究の内容を簡単に説明すると、ウエイトトレーニングで、ベンチプレスのセットの合間にマッサージガンを使用してみたところ、筋肉の持久力が向上し、ベンチプレスの回数がアップしたというもの。

 

ただし、一般的に広く適用するための確立された方法の検証まではされていない。

 

具体的にどういうやり方、どういった体の場所に対して、どの程度のマッサージガンの使用が効果的なのかについては今後の研究が進むことを待とう。

 

マッサージガンを使うタイミングで使い分ける

マッサージガン

マッサージガンを使うタイミングで使い分けてみよう。

①運動する前

②運動中

③運動の後

 

①運動する前のマッサージガンは 柔軟性アップ

運動やトレーニング前の柔軟運動の一つとして、マッサージガンを利用しよう。

このときの注意点は、マッサージガンを使用する場所に痛みのないこと。

 

②運動中のマッサージガンは パフォーマンスアップ

運動中のマッサージガンは、この記事のテーマ。色んな場面で試してみよう。

もちろん無理のない程度にね。

 

③運動の後のマッサージガンは 回復

運動した後は疲れてあちこち痛い。

そんな痛みあるところにマッサージガンは使わない方がいい。

体が炎症しているところに、さらに刺激を与えては回復には遠回りになってしまう。

まずは体をクールダウンと休息させよう。

体の痛みが落ち着いて、次の運動に向けて体をほぐす時にはじめてマッサージガンの登場なんだ。

 

トレーニングに持って行けるマッサージガンとは

マッサージガン

トレーニングや競技の途中に使うとしても、マッサージガンを持って出掛けるのは大変?

 

でも、持ち運べるタイプのマッサージガンがあれば大丈夫。

 

部活に一つ用意しておくのも、みんなで使えて便利かもね。

 

それってどんなの?おすすめのマッサージガンはこちらの記事をチェックしてみよう。

 

まとめ イザというときはマッサージガン頼みになる未来

マッサージガン

むやみやたらにマッサージガンでマッサージをすればいいものではないし、過度にやりすぎてはいけないのは、マッサージガンの危険性の記事で説明してきた。

 

体の回復に向けてマッサージガンの使用は、使用時の体の心地良さなどである程度効き具合が体感できるよね。

 

今回紹介するマッサージガンによるパフォーマンスアップは、運動中の合間に行うものであり、今時点では目安などがないから、感覚的なものに頼るしかないよね。

 

自分の能力アップに対して、試行錯誤をしてみて、効果を測定していく必要がある。

ちょっと難しいね。

 

でも、まだ確立されていないということは、ライバルよりも先に一歩抜け出るチャンスがあるともいえる。

 

試してみて、これは!ってポイントがあれば黙っておいて、自分だけの秘密にしておくのもいいも。

 

ここぞというときに、マッサージガンで成績アップ狙ってみよう。

 

チーム競技だったら、みんなで最高のパフォーマンスを享有して成績アップを目指したいね。

 

関連記事

おすすめの記事