ゴールドウインファミリーセール 2022年冬季 ノースフェイス攻略 第7段

ハーフドーム

通常開催が復活して、2回目のゴールドウインファミリーセール大阪会場。

久々に2回連続の開催。

会場の雰囲気と、どんな商品が売り場に並んでいるかを詳しく紹介していこう。

もちろんザ・ノース・フェイスを中心に見ていこう。

今回は冬季セールとして、主催者側からは冬物の出品をアピールされていた。

冬季セールだからとは限らず、年中冬物が並んでいるのが最近のゴールドウインファミリーセールの傾向だ。

 

来場時間はいつがいい

コロナの影響で主催側からは、朝イチには来ないで下さいという案内を忠実に守っているので、最近の開場前の行列はどうなのだろうか。

価値観は人それぞれだが、モノと時間を比べた場合、時間の方が圧倒的に価値が高いので、掘り出し物をゲットするために並ぶなんてことは私にとっては人生を見直すにはいい機会にもなっている。

その時間の価値が幾らかにもよるが、直営店で最新のものを買う方がよっぽど満足感も高いという考えもある。

最初にあなたがガッカリしないように言っておくと、ファミリーセールには最新の商品や、売れ筋の商品は無い。

どちらかと言うと、売れ残りや、不人気、微妙なものが山程ある。

あなたがすることは、妥協だ。

✅好みとは少し違うけどこれでいいか

逆にやってはいけないことは、無駄な消費だ。

✅周りに流されて必要でないものを購入

勝手ながら今回のセールの評価をしてみた。

5段階での評価。

  • シューズ ★★★
  • バッグ  ★★
  • ジャケット★★★★
  • ウェア  ★★
  • サンプル ★★★

この評価は完全に私の独自の意見であり、実態と異なっている前提で見ていただければと思う。私の好みと、あなたの好みが違っているのは当然だ。

あなたの評価は現地でチェックしてみよう。

入り口

いつも通り開場前は閑散としている。これはインテックス大阪自体が大きすぎるから余計にそのように感じてしまう。

インデックス大阪

今回はインテックス大阪の3号館が会場。

前回の2号館よりも広い会場だ。

入り口

ゴールドウインファミリーセールの会場はインテックス大阪のほんの一部だ。

日程によっては他のイベントと重なることもある。人の流れがあっても、ついて行くと他のイベント会場に向かってしまうので注意しよう。

 

スポンサーリンク

ファミリーセール会場入り口付近

行列用のスペース

会場に入ってすぐには、行列ができた時用の列が並ぶ場所がこんなにも用意されている。最近は、朝イチには行かないのでこれほど行列を作っているのかは不明。

前回もこのスペースがあり、今回もあるというのは、これだけ実際に並ぶのだろうと想像はできる。

入場の際には会員に届くメールからバーコードをスキャンして入場する。

入口

大きなカバンなどの荷物は入口手前のクロークに預けておく。

クローク

ショッピングは、会場内に入ってすぐに置いてある透明のバッグを携行して、購入したい商品を詰め込む。

透明バッグ

入り口すぐ横にゴールドウインファミリーセールの会員登録カードが置かれている。

会員登録

新規会員登録の申込みはここでできる。

 

スポンサーリンク

ファミリーセール売り場の構成 ノースフェイスはここだ

売り場のマップ

売り場の構成は、前回とよく似た感じだ。

インテックス大阪の会場は相変わらずだだっ広く感じる。天井が高いので特に広く感じる。

会場

今回の3号館は特にでかいスペースだ。行ったり来たりすると単純に歩き疲れるくらいの広さだ。

2号館のときは、入り口前の行列用のあの広いスペースも陳列に使えれば、もっと余裕を持って見て回れるのにと思ったが、この3号館の広さだと文句はない。

前回はマップがなかったので、もう作らないのかと思っていたが、今回はしっかりある。

次回は1号館なのでまた今回のマップは使い回せない。

 

ノースフェイスのシューズ

ブーツ

今回、シューズは冬物を中心に揃っている。

スノーブーツは割と買いやすいものが出品されている。値段もお得感はある。

ブーツ

ブーツ

冬物以外としては、トレイルランのシューズは品数はたくさんあるのだが、かなり微妙なタイプだ。微妙過ぎて写真を撮るのを忘れてしまった。。もしも街の中のシューズ屋さんで見つけても買わないだろう。

下画像のようなセンスのシューズなら問題は無いが、、これはラスト一足。

シューズ

HOKAのシューズも売っていた。ゴールドウインで取り扱いのブランドだったのか?

HOKA

シューズ

これは普段履きのシューズ。

 

ノースフェイスのバッグをチェック

バックパック

ノースフェイスのバッグの中でも、今回バックパックは割合品揃えがいい。カラーも揃う。

一般の店舗でディスプレイされているものはバッグ内に詰め物を入れて膨らませているので、見栄えがいいが、こちらはしぼんだ状態。

バックパック

ひと手間掛ければもっと売れそうな気もするが、、そんなことを毎回感じる。

そのせいか、個人的な話だが、通常の店舗で見栄えよく展示している30Lのバックパックを既に春先に買ってしまった。

ちなみにまだ一度も使っていないが。。

 

今回のベースキャンプはあきらか不人気色。

ベースキャンプ

ダッフル

BCダッフルのサンプル品があった。かなりでかいサイズだが値段は安い。上画像

 

たまに店舗で見かける大型のキャリーバッグがある。下画像

キャリーバッグ

キャリーバッグ

昔、このキャリーバッグにはスケボーが入るのか?と気にはなったが、普通には使いにくいので断念した。衝動で買うほどは安くない。

 

ノースフェイスのジャケットをチェック

ジャケット

ここ最近のセールでたくさん目につくのがジャケットだ。上の画像の壁面を囲むようにディスプレイされている。

ジャケットは冬季セールには最も求められるアイテムでもある。

ものはたくさんあるので、好みと妥協で選ぶことになる。

ジャケット

見ての通りかなり派手な色を中心に残っている。

ジャケット

ジャケット

ジャケット

ジャケット

あえて様々な色をピックアップしてみたが、オレンジ、レッド、イエロー以外は、地味なものが多い。

ブラックは人気色なのであまり見当たらない。残っているブラックのジャケットは個性の強い癖のあるタイプのものがほとんど。

 

その他 キッズ、nanamicaなど

キッズ

これまでキッズ向けは一度も購入したことは無いが、今回もある。

nanamica/パープルレーベルもある。

nanamica

この下画像のバックパックは個性的すぎる。人を選ぶ。。

nanamica

nanamica

ゴールドウインのウェアもある。

ゴールドウイン

レアモノ探しがファミリーセールに来る意味

難あり

難あり品もあるが、サンプル品が会場のあちこちに隠されている。試作品だ。

市場に出回っていないモノなので、これが目当ての人も多いはず。

サンプル品

とは言え、製品化されなかったようなものなので、センスも二軍のポジション感があるのは否めない。

ここでも妥協だ。そして誰も持っていないという、優越感、自己満足に浸れるかというところも影響する。

難あり品

難あり品

上画像は汚れ品。青い○シールのところが汚れの目印。

精算は相変わらずしっかりした体制になっている

会計

この精算所のレジ配置はマイドームおおさか会場でのセール開催時からこんな感じだ。

過去、マイドームおおさかの時にはフロアが1階、2階と分かれていて、1階のレジから2階まで列ができていることもあった。

最近はそこまでの混雑は見ない。あさイチはどうなのだろう。

 

次回のファミリーセールは2023春季だ

次回開催

次回ファミリーセール開催は2023年2月だ。

場所はインテックス大阪の1号館

過去にインテックス大阪に移ってから最初の開催場所だったか(勘違いかも)。

今回の3号館よりは確実に狭くなる。

 

まとめ 次に期待?

出口

これまで売り場が窮屈でもっと広い場所を望んでいたが、今回の3号館のように広いのも無駄なスペースがかなり多くなるのも事実。

広い会場はそれなりに借りる費用も高いはず。

人が集中するノースフェイスの辺りを、もう少し広くして、それ以外のところを狭くするなどがさらに良かったかも。

次回は狭くなるので、そんな贅沢は言えなくなる。

インテックス大阪

オマケの情報として、スキー用品は今回は出品があった。バイク用のものはなかった。

スキー用品

エレッセブランドなど、ノースフェイス以外もある。SPEED(水着)もあった。

エレッセ

最後にアクセスは、大阪メトロのニュートラム、中ふ頭駅から。

ニュートラム

アクセス

アクセス

アクセス

次は来年だ。

過去回のセールをチェックしてこれまでの変化も感じてみよう。

 

ファミリーセール以外のノースフェイス購入のオスス記事もあり。

 

関連記事 過去のファミリーセールをチェック

おすすめの記事