笑顔が失われる 自分の顔から血の気が引いたとき、どうやって笑顔を取り戻そうか

 

 

ブログのコメント欄なんかに、なんでそんなこと書いちゃうのかな、この人は。。ってのをみんなも見かける時あるよね。

炎上未満の出来事。きっと見えないところで山のようにあるんだ。

言葉の暴力って結構つらいよね。消えない傷がいつまでも残っているから、後からも何度も痛めつけられる。

驚くよね、こういうことを平気で他人に書き込める人がいるんだって。

頭から離れないよね、大勢の前で叱られた時の様なはずかしめられた気持ちを。

怖くなるよね、人間不信になる。見えない誰かが、すぐそこにいるのかも知れない。

外を歩いていても他人が気になって仕方ない。もしかしたら、目の前の知らない誰かは、私のことをよく知っているとしたら。

 

誰かがこんな目にあっている。何かしてあげれないかな?そんなふうに思うこともあるよね。

他人だからそっと距離をとることもできる。ほとんどの場合がそう。

でも、もしも自分が被害者になったとしたら?

 

あなたが笑顔を失った時すべきこと

 

 

あなた自身に嫌な書き込みがあった時、どんな風に対処するか。

まずはスクリーンショットを撮っておく。

証拠があるのと無いのとじゃ何かあった時も全然違うからね。

そして放置する。これだけ。

ネットも現実も同じように対処するのが正解。

 

立ち向かわない、見えない悪魔とは戦ってはいけない

 

 

想像してみようよ。

家の前に変な人が来て我が家に向かって何か騒いでる。無断で敷地に入ってきて何やらしてる。我が家の壁に何か落書きをしてる。そんな場面。

手にどんな兇器を持ってるかも知れないし、通常の精神状態じゃないかも知れない。

のこのこ出てって大変な目にあうようなことをしないよね。勇敢に振る舞っちゃ駄目だよ。

心配な時どうする?そう、警察に電話するよね。

ネットも一緒だよ。

笑顔を奪われたら、誰かに助けを求めなくちゃ。

やめてくださいと言ってわかる人もいる。ほとんどの人はそうなんだけど、まれに理解できない人もいる。

でもね、助けての一言って言えないんだよね。

 

みんなで笑顔を送ろうよ

たとえよく知っている人が、コメントでそんな嫌な目にあっていても、安易に横やりするのも駄目だよ。

親切心とか、そんなもので余計にややこしいことに加担してしまっちゃ誰のためにもならないからね。

 

世界中の笑顔

 

みんなで笑顔を守ろうよ。あなたができるのは笑顔を送ること。

何ができるか考えてみよう。

たった一つの書き込みを消せないとしたらどうする?

埋もれさせようみんなの力で。

10人よりも100人、100人よりも1000人、1000人よりも。。。

世界にはあなたの味方が溢れてる。

世界中から、あなたに笑顔を送る人を連れてきてあげる。

スマイルネットワークは世界中に笑顔の輪を作りたいって思ってるよ。

誰だって、どこの国の人だって、笑顔を知らない人はいないから。

 

笑顔の輪

 

笑顔の輪を世界中に繋げよう。

★最新記事の通知★を受け取る
スポンサーリンク