TOEICはお得な英語の資格 初心者向け 公式問題集活用&スコアUP勉強法

 

 

TOEICは日本人にピッタリの英語の試験!他の英語の資格に比べてもかなりお得なんだ。

その理由は、TOEICは英語を話せなくても、高スコアを取ればそれなりに英語ができる人と社会では見られるんだからとてもお得な資格なんだ。

でも話せないなら無駄?そんなことはないよ。もちろん高いスコアを取る過程で、ある程度英語力はアップしているはずだよ。

 

TOEICでスコアアップするには、ビジネス英語に関する知識とともに、ちょっとした受験テクニックみたいなことで底上げをすることもできるんだ。(それは本来の英語力向上とは別次元の話なんだけどね)

英検よりも勉強する範囲は狭いので、高得点(TOEICの場合、得点をスコアと呼ぶのが一般的)を狙うのも、英検2級以上に比べても近道なんだ。

英検準1級以上だと、範囲も対策も含めるとかなりTOEICとは別の試験に近くなってくるよ。

 

TOEICがお得な理由1
TOEICの勉強範囲は英検よりも狭い。

 

 

この記事はこんな人にぴったり

TOEICってどんな英語の試験なの?これからTOEICを始めようという人

始めたばかりで、どんな効率的な勉強方法があるのかよくわからない

最初に何の教材を買っていいのかよくわからない人

 

 

TOEICの試験は2種類あるよ

 

一般的にTOEICと呼ばれているのはTOEIC(L&R)のこと

 

TOEIC(トーイック)には2種類あって、一般的によく知られてるのがTOEIC(L&R)。この記事では、TOEICはTOEIC(L&R)のことをさしているよ。

L&Rと言うのは、リスニング(Listening)と、リーディング(Reading)の2種類のこと。英語を聞く能力と、読む能力を測るための試験。

もう一種類のTOEICはSWでスピーキング(Speaking)と、ライティング(Writing)の頭文字。話すのと、書くことね。

 

 

TOEICの試験は点数でレベルを測るもの

 

TOEICはスコア(点数)でレベルを表しているから、試験を受けても合格とか不合格というのはないんだ。

TOEICのスコアが600点だとか、700点、そんな風に表す。

TOEIC満点、900点台、800点台、700点台、600点台・・・って感じにそれぞれのレベルを点数で測るんだ。

 

TOEICがお得な理由2
TOEICには不合格というものはない。



TOEICが日本人にピッタリな理由とは

 

TOEICがどうして日本人にピッタリなのか? その理由はとてもシンプル。

日本人のみんなはそんなに海外には行かないし、日本の中でも英語を話さないよね。話さなくても困らないからね。

だから、特に英語を話すことの能力は後回しでいいんじゃない?という理由。

オススメする英語の能力は、読むのと、聞くのと、ついでにちょっと書けたらかなり日本国内でもお得になれるよ。

 

TOEICがお得な理由3
TOEIC(L&R)の試験は話せなくてOK。会話は別試験(S&Wの方)になっている。

 

自国語プラス英語を使える国の人たちは、結構楽に海外に足が向く。東南アジアの人達は英語が話せるから出稼ぎにも容易に出れるだ。

日本人は、そうじゃないから引きこもるしかない。それに、日本の中だけで就職することだって、生活に必要なものだって何だって揃うしね。

選ばなければ、仕事はいくらでもある。そうじゃない国も世界にはたくさんあるんだ。

 

どうしてTOEICのスコアアップを目指すの?

 

たくさんの日本人がTOEICで高スコアを目指す理由はこれなんだ。

 

TOEICがお得な理由4

・1つは、就職、転職に有利だとか、会社の昇進などの条件にTOEICのスコア取得が必要とされていることが多いから、スコアアップを目指そう。

・2つは、英語スキルの中のリスニングと、リーディングの能力だけで英語力を測られ、スピーキングはスコアには関係しない。ハードルが少し低い?

 

たった2つの能力だけであなたの英語能力を評価してもらえるので、英検に比べれば楽に必要な英語評価を手に入れられる。

だんだんと、スピーキング能力も問われるようにはなってきているが、まだまだ、現状のTOEICの評価は続くと思われるよ。

 

 

TOEICのリスニング、リーディングだけの英語力って?

 

TOEIC

 

話せないからって卑屈になる必要はないよ。日本国内で英語を活用する技能としては、リスニング、リーディングが会話よりも圧倒的に役に立つんだ。

その使い方をこれまで誰もアピールしてこなかったけど、それだけで十分に使える能力なんだ。

多少日本にいる外国人の人が増えたからと言って、ほとんどの日本人が日常的に英語を使ったコミュニケーションすることなんてまずないよね。

 

その一方で読んで、聞く方は、誰もがすぐにでも手が届くところに活用の糸口はある。

ネットで英語で検索してみたらいくらでも英語のページはあるよね。でも、読めないとほとんどがゴミみたいなもの。

映画なんて字幕無しで、日本語吹き替えもなければ、なんのこっちゃってなるよね。

音楽だってとりあえず意味はわかないけど聴いたりはできる。

すぐに完璧には理解できないけど、結構わかるものが増えてくる。それに比例して楽しみも増してくるよ。

 

100%の理解なんて必要ないよ。なんだって一緒。

日本語だってそうだよね、知らない日本語は山ほどあるけどさして生活に困らない。

 

この辺のことは別の記事でたくさん書いているから読んでみてね。

 

 

最初に必要な教材って何?TOEIC公式問題集と他に何の教材が必要か

 

TOEIC王道の攻略法とは

最初に言ったけどTOEICの試験範囲は狭い。それに比べて英検の方がよっぽど範囲は広い。

単語一つにしても、TOEICはビジネスのシチュエーションで使う範囲に絞られるんだ。

 

狭いとはいえ、しっかり勉強をしていかないとスコアアップには時間が掛かってしまう。

 

効率的にスコアアップする方法は

TOEICでいいスコアを取るにはTOEIC用の教材で学習することが最も効率がいいんだ

効率的でないやり方は、TOEIC用でない教材で勉強をすること

たとえば単語の教材で説明するよ。単語用一つにしても、必ずTOEIC用の単語教材を使うべき。英検用の単語教材は範囲が広すぎて、TOEIC攻略には遠回り。

英検に必要な単語数というのは圧倒的に多いんだ。

 

 



 

TOEICの学習に絶対必要なものが公式問題集

 

TOEIC

 

TOEICの学習ではこれがないと始まらないというものが、公式問題集。最新のものから古いものまで、順に全部揃えるべき。

もちろん揃えるだけではだめで、順に攻略していく。

少なくともTOEIC500点を最短でクリアしたいなら、公式問題集を全て攻略するのが最短の勉強方法なんだ。

ちょっと適切な言い方ではないかもしれないけど、TOEICは、試験と公式問題集がセットになっている商売みたいなものでもあるからね。

 

 

TOEICの学習はパート毎の教材を使う

 

TOEICの試験はパート1からパート7まである。それぞれどんな問題なのか決まってて、勉強の仕方もコツがある。

TOEICの試験は大きく分けて、前半がリスニング科目、後半がリーディング科目となっている。

パート1からパート4・・・リスニングセクション

パート5からパート7・・・リーディングセクション

 

それぞれ勉強の仕方のコツというのがあって、詳細は別の記事で説明していくよ。

パート毎の教材も売っているけど、一番最初に揃える必要はないよ。

単語と、文法の教材でまずは英語のベースを作ろう。

 

 

TOEICの学習に最初に揃えるのはこの教材だ

 

書店にもたくさん教材本が並んでいるけど、やみくもに買って学習しても身にならないし、ほとんどの場合、遠回りになるケースになってしまう。

最初に必要な教材にたどり着くことが大切。まずはこの教材を揃えてみよう。

 

ひとつ目は必須の教材

公式問題集1~5。最初にすべてそろえる必要はなく、最も新しい5から順に購入して、学習をしていこう。

この公式問題集の学習方法は別途説明を予定しているよ。

 


公式TOEIC Listening & Reading 問題集 5

 

 

二つ目は基礎力をアップする教材

「TOEIC TEST特急シリーズ」で、単語と、文法の教材を購入しよう。

 

・TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ (TOEIC TEST 特急シリーズ) 

>>使い方はこれをざっくり何週も回す。きっちり回さなくてもOK。ざっくりでいい。とにかく時間をかけすぎないことが大事。


TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ (TOEIC TEST 特急シリーズ)

 

・1駅1題 新TOEIC TEST文法特急

>>使い方は、何度も繰り返すこと。数ページを繰り返し学習しながら、次のページへ進んでいく。問題を見た瞬間に答えが浮かぶくらいに使いこなすのがコツ。

1駅1題 新TOEIC TEST文法特急 (日本語) 新書

 

・新TOEIC TEST 文法特急2 急所アタック編(上の文法特急が終わってからこちらも取り組む)

>>使い方は、上の文法特急と同じ。


新TOEIC TEST 文法特急2 急所アタック編

 

・TOEIC L&R TEST 入門特急 とれる600点 (TOEIC TEST 特急シリーズ)

>>これは最初にTOEICがどんなものかを把握するのに理解するのにちょうどいい内容。気軽にやるべき。



TOEIC L&R TEST 入門特急 とれる600点 (TOEIC TEST 特急シリーズ)

 

 

まとめ TOEICを本格的に学習を始めるには

 

お得な英語の資格を最短で取って、それで得たメリットを活かそう。

 

TOEICで得られるメリット
・就職、転職に有利になる
・会社での評価を得ることができる
・ネットに山ほどある英語の情報を簡単に得ることができる
・そこそこ英語できるってアピールできる

 

基本は下記の教材をベースに学習を進める。あとは、教材を持ち運べないタイミングはスマホアプリなどを利用するのがベスト。

教材は、むやみに良さげと思うものは買い増やさないのがいい。500点~600点はこの教材でOK。

特に書かれてはいないが、教材には適切なレベルが必要なものがあるんだ。

 

始めてTOEICを学ぶのに必要な教材
・TOEIC公式問題集5~1
・TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ (TOEIC TEST 特急シリーズ) 
・1駅1題 新TOEIC TEST文法特急
・新TOEIC TEST 文法特急2 急所アタック編
TOEIC L&R TEST 入門特急 とれる600点 (TOEIC TEST 特急シリーズ)

 

公式問題集の活用法は別で紹介するつもりだけど、一つだけ使い方の注意事項を説明しておくね。

公式問題集は、試験と同じように時間を決めてやること。

リスニングは音声データを聴く必要があるので、スマホか専用のプレイヤーを利用しよう。

 

今回は、初心者の人が初めてTOEICにチャレンジする内容向けなので、さらに上の点数を目指す人、600点以上の学習方法はまた違う教材が必要になってくるんだ。

それはまた別の記事で紹介するね。

 

 

TOEICや英語学習に関してはこんな記事もあるから参考にしてみてね。

 

 


★最新記事の通知★を受け取る
スポンサーリンク