Honiture Q6 ロボット掃除機をレビュー 自動ゴミ収集機能付きで驚異のコスパ

ロボット掃除機

Honiture Q6とはロボット掃除機。自動ゴミ収集機能付きの優れもの。しかもダントツに安い。

大手ネットショッピングサイトでタイミング良くクーポン利用でかなりお得に買えてしまった。

これだけ安くて本当に使い物になるのか気になるよね。ロボット掃除機 Honiture Q6を詳しくレビューしていくよ。

 

最初に結論から言っておこう。

 

あなたがもし普及価格帯(5~7万円程度)のロボット掃除機を購入しようと考えている人なら、この自動ゴミ収集機能付きのHoniture Q6を一足飛びに買ってしまおう

 

ロボット掃除機

高級機のスペックには遠く及ばない普通スペックのロボット掃除機をHoniture Q6と同じくらいのお金を出して買う?

 

Honiture Q6にはハイエンド機にしかない自動ゴミ収集機能があり、それを手にすることによる満足度が高いのは子供にだってわかるくらい。

子供たちだって、一目見たら、うわ〜すごい!って反応になるよ。

 

この記事はこういう人向け

初めてロボット掃除機を購入しようと思っている人

ロボット掃除機の機種探しでHoniture Q6にたどり着いた人

 

この記事の目的は

現在最もコスパの良い自動ゴミ収集機能付きロボット掃除機 Honiture Q6のどこがおすすめかを紹介すること

 

自動ゴミ収集機能付きロボット掃除機とは

ロボット掃除機

 

自動ゴミ収集機能付きのロボット掃除機ってつい最近に登場したので、まだ市場に製品も少ない。

だから当然だけどとても高額。

 

最も代表的なロボット掃除機はiRobot ルンバ。みんな知ってるよね。

 

ルンバは最も安いものでも値段は約3万円以上。自動ゴミ収集機能付きのものはなんとその5倍の約15万円もする。

 

最も有名なルンバの製品がこれ程高額だから追随する製品も少なからず価格面で影響を受ける。

 

ロボット掃除機とは言え、たかが掃除機に15万円の大枚を払うのはかなりの出費。

 

自動ゴミ収集機能付きはこれからどんどん発展していく製品でもあるから、もっと安い製品が待ち遠しいね。

自動ゴミ収集機能付き

そんな中、断トツに安いのがHoniture Q6。決して安かろう悪かろうでは無いことを紹介していくよ。

 

今すぐ買える自動ゴミ収集機能付きロボット掃除機がHoniture Q6

ロボット掃除機

Honiture Q6を大手ネットショッピングサイトで日曜日の夜に注文し、2日後の火曜日の午前に自宅に配達となった。

 

梱包の段ボールの大きさはこの画像の通りのサイズ。想像していたより大きくはないがそれなりにはでかい。

 

段ボールの中にほぼ同サイズのパッケージが隙間なくピッタリおさまっていた。

 

ロボット掃除機

 

中身は今どきの家電でものすごくシンプル。ロボット掃除機本体とアクセサリーが入ったダンボールの大きく2つ。

 

発泡スチロールが一つも入っていないのは地球にやさしい梱包。

 

ロボット掃除機

マニュアルや保証書、簡単な取説など。

 

ロボット掃除機

日本語版もしっかり用意されている。

説明書

そして左上に「ギフトフォーユー」という紙が入っている。これはなんとメーカーからのさりげないプレゼント

 

選択肢の中から選ぶタイプ。

・アマゾンギフトカード3千円分。

・本体のバッテリー。

・交換用フィルターなど一式。

・ハンディタイプクリーナー

これらの中から好きなものを一つ選べる。

プレゼント

個人的にはバッテリーか、交換用フィルターなどのセットどちらにするかで迷うところ。

それぞれ後で買う場合いくらするのか。入手の方法は簡単なのか、それがわかれば選択しやすい。

 

Honiture

 

今回、事前にHonitureというメーカーを調べても詳しい情報がなかなか見つからず、製品が届くまではかなり心配していたのも事実。

今は一気に払拭された感がある。

 

最初は値段の安さからHonitureに注目し思い切って購入。

 

梱包を開きパッケージデザインのセンスの良さに感心。もしかしていいかも!?

 

無名のメーカーのシンプルでかつきっちり作り込まれている品質に安心。

しかも安っぽさが全く見当たらない

 

最後はおまけでプレゼント付き

ここまででも期待以上の満足感が得られた。

ここからは実際にHoniture Q6を使ったレビューを書いていくよ。

 

【楽天市場】楽天で「Honiture Q6」をチェックしておこう。楽天ならポイント付与や、購入時ポイントなどでお得に購入できる。こちらのリンクからチェックしよう。

Honiture Q6のスペックを詳細に見ていこう

Honiture

メーカーは日本人はおそらく誰も知らないHoniture(ホニチャー)という会社。梱包にMade in Chinaの記載がある通り中国製。

https://www.honiture.com/index.jsp

 

今回はロボット掃除機Honiture Q6をこの記事では紹介しているが、Honiture Q5も存在するらしい。(スマホアプリの初期設定画面の選択肢にあった)

 

「Honiture」でネット検索しても出てくる製品は掃除機とはかけ離れたようなものばかり。本当にこの会社なのか。。

とは言え、ある程度信頼がおけるのは既に書いてきたとおり。

メールでのサポートもしっかりされていて、丁寧な日本語で返信してもらえるので安心。

 

Honiture Q6のスペック

Honiture

主だったHoniture Q6のスペックは以下の様な内容。他社のロボット掃除機と見比べてみよう。

 

・自動ダスト処理機能 2.6L密封型紙パック(月に1回取り換え)

・床掃除 / 床拭きの2Way (160mlミニ水タンク付き)

・吸引力2700pa

・バッテリーリチウムイオン5200mAh

・最大幅35cm x 高さ9.6cm

・重量:3.6kg

・満充電 4-4.5 時間

・稼働(通常清掃時):最大200分

・稼動面積:最大250畳

・WiFi接続 外出先からの自動掃除も可能

・自動マッピング /掃除エリアの設定 /複数部屋設定

・24のセンサー 衝突防止、落下防止、ゴミセンサー、壁センサー、巻き込み防止センサーなど

 

全く見劣りしないよね。

 

そして、海外製品にありがちなコンセント形状の違いによる使い勝手の悪さも全く問題無し。画像の通り日本のコンセント形状の仕様となっている。

コンセント形状

本気で日本向けの製品なのがわかったかな。

 

Honiture Q6の吸引力はどんなものか

Honiture

掃除機を選ぶうえで重要な要素の一つとして吸引力がどれくらいなのかというのがある。

ロボット掃除機も吸引力は大事なポイント。

スペックでは2700PA。比較する対象を何にするかによって満足度が変わってくるポイントでもある。

ロボット掃除機は決してダイソンのハンディタイプの掃除機などとは同列にみてはいけない。

 

数値からは吸引力が素晴らしいのかどうかよくはわからないが、実際に使ってみた感想は当初思っていたよりきっちりお掃除してくれるということ。

自動で掃除をしてくれるということに重きをおいていたので、逆にここまでしっかりキレイになるとは意外でもあった。

 

掃除が完了した後のフローリングを眺めてみると、やるなあロボットくんと率直に思った。

床がいつもより光って見えるのはどういう効果なのか・・

 

そして部屋の隅っこまで果敢に攻めるように掃除をするロボット掃除機の姿はけなげにさえ感じてしまう。

 

あちこちにぶつかりながらも隅々まできれいにしてくれる。

 

普段なら10分もかけない時間で終わりにしたくなる掃除機掛けを、Honiture Q6は黙々と手抜きもなくこなしてくれる姿に愛着がわかないはずがない。

 

 

Honiture Q6の走行性能はどんなものか 走破性を検証

ロボット掃除機

Honiture Q6の走行性能に関しても特に不満は感じない。カーペットや、部屋と部屋の間の段差くらいは難なく乗り越えていく。上の画像の通り車輪が浮き沈みするので走破性は問題ない。

 

玄関の上がり口付近では、ロボット掃除機本体が下に落ちないように前方底面にあるセンサーで回避する仕組みになっている。

 

本体上部のレーザーセンサーで部屋の空間を把握し、走行時の細かな障害はロボット掃除機前方にあるバンパー状のセンサーで感知している。

気をつけておく必要があるのはコンセントタップや、電源ケーブルなど。床に出っ張っているとHoniture Q6が引っ掛けて大変そうなのであらかじめ端に寄せるなどしておこう。

Honiture Q6の動作音は我慢できるレベル?

Honiture Q6の動作音は普通の掃除機よりは全然低い。ここは吸引力に比例しているからね。

 

ロボット掃除機の動作時間は普通の掃除機掛けよりは長時間になるので、それをどう感じるかにもよるかもね。

 

ロボットだから、疲れてきたからちょっと手を抜いて今日は適当な掃除機掛けでいいとかということはない。

 

Honiture Q6は最後まで均一にきっちりいい仕事をしてくれるよ。

 

掃除完了後にベース側でのゴミ収集時の音は結構大きくなる。と言ってもこちらは一時だけの話。

 

掃除機の吸い込み音とは別の話で、操作時の音声ガイドがある。

しっかり日本語にも対応しているよ。

 

ロボット掃除機本体からダストボックスを取り外しただけでもアナウンスするようになっている。

しかもアプリの通知設定を解除していないと、ロボット掃除機の動向をスマホに通知してくれる。

ダストボックス

外出先にダストボックスが外されたことまでの通知は要らないよね。通知はオフにしておこう。

 

Honiture Q6のゴミ収集能力は?

ダストボックス

ダストボックスの取り外しは簡単。

ダストボックスを開けるとこの通り。

ダストボックス

吸引口は下の画像のところ。

吸引口

メンテナンス用のブラシはダストボックスに付属している。

ブラシ

HEPAフィルターは取り外してメンテナンス可能。

メンテナンス

 

実際のHoniture Q6が動作している動画を作成。参考までに観てくださいね。

 

Honiture Q6はスマホアプリでコントロールできるから楽しい

スマホアプリをインストールしてHoniture Q6で掃除を楽しもう。

機種はandroidもiPhoneもいずれも使用できるよ。

 

Honiture

アプリを使わなくてもロボット掃除機単体でも使えないことはない。

Honiture Q6のボタンを一つ押すだけで掃除は可能。

ただし機能は大幅に制限されてしまう。

 

アプリ

※上の画像は障害物だらけの部屋を駆けずり回った軌跡。

 

Honiture Q6用のスマホアプリにはマッピング機能が搭載されている。

 

Honiture Q6が部屋の掃除をしながら部屋のマッピングを自動的におこなうんだ。

スマホの画面に自宅の部屋の地図が描かれていく。

 

ロボット掃除機

Honiture Q6は本体上部のレーザーセンサーで空間を把握する。さらに物理的なセンサーで走行時に障害物を把握する。

 

最初はあちこちぶつかりながらも部屋を認識するものの、しばらくするとあらかじめ障害物があるところを避けて移動するようになる。

 

Honiture

 

ロボット掃除機Honiture Q6を何度か動作させると自動的に部屋の間取りや家具などの配置を認識をしていく。

ロボット掃除機を暫く使うと自然に部屋を片付けたくなる。ロボット掃除機が掃除をしやすいようにしてあげないといけないからね。

 

アプリには部屋の中をどういう軌跡で掃除したのかがわかりやすく表示される。たった今Honiture Q6がどこにいるかもわかる。

 

さらにアプリには便利な機能がいろいろと搭載されているが、Honiture Q6はアプリ無しでも使えるようになっている。

慌ててる時はボタンを一つ押すだけでもいいし、出掛けた先からリモート掃除も可能。

 

 

買った後でも安心。Honiture Q6を購入後の設定の仕方の記事を書きました。実際に使う時のヒントにしてみてね。設定がわからない時はチェックしよう。下のバナーリンクから。

Honiture Q6はほうきだけじゃなくてモップ掛けもOK

Honiture

 

最後にHoniture Q6にはモップ掛け機能もあるんだ。この値段にしてこんなに盛りだくさん、もう結構お腹いっぱい。

 

モップ用のユニット(水タンク付き)をダストボックスと交換すると水がけのモップで床拭き掃除をやってくれる。

 

モップ

 

付属品としてモップ用のユニットと、モップの交換用の布が10枚ほど付属している。

交換用のHEPAフィルターも1個付属する。

 

 

【アマゾン】amazonでHoniture Q6をチェックしてみよう。セールなどで安く買えるタイミングを逃さないように。

まとめ Honiture Q6は慌てて買っても絶対後悔しない

ホニチャー

ロボット掃除機が初めての人も、Honiture Q6は思い切って買っても後悔はしない

 

ロボット掃除機として自動ゴミ収集機能付きを初めて購入する人ほど実は満足度は高い。

 

ロボット掃除機を初めて購入するほとんどの人は、まず普通のタイプ、自動ゴミ収集機能無しの製品を購入しているはず。

 

普通のロボット掃除機だけでも十分に初体験の驚きは大きい。これはめっちゃ便利!、何故もっと早くロボット掃除機を購入しなかったんだってね。

 

Honiture

それがいきなり、自動ゴミ収集機能まで我が家にやって来るわけだ。

 

満足度はの上限は更にアップするよね。

 

値段はiRobotルンバの2分の1程度(タイミングによっては3分の1で買えることも)。でも機能は2分の1では全くない。

できることは同じなんだからね。

 

このことが意味するところは、あなたがHoniture Q6を買っても後悔はしないということ。

 

後はHoniture Q6をどこで、いつ買おうか。

クーポンや、セールのタイミングをチェックしておいて、ここぞというタイミングは逃さないこと。

 

Honiture Q6を買うことはロボット掃除機を買うということだけじゃない。

新しい体験を買うということ。

 

みんなのすごいねをこんなに安く買えるんだ。

 

「もっと早く買っておけばよかった」と言える数少ないものがロボット掃除機Honiture Q6だよ。

 

 

 

 

★最新記事の通知★を受け取る
スポンサーリンク