BOSE QUIETCOMFORT EARBUDSレビュー おすすめ イコライザー設定で最高音質

 

BOSE QUIET COMFORT EARBUDS

 

BOSE QUIETCOMFORT EARBUDS(ボーズ クワイエットコンフォート イヤーバッズ)完全ワイヤレスイヤホンをレビュー。おすすめのイコライザー設定も紹介。

 

この記事はBOSE製ノイズキャンセリングタイプの完全ワイヤレスイヤホンのレビュー。

 

高音質+ノイズキャンセリング✕イコライザーであなたの日常が激変する。そんなイヤホンがBOSE QUIETCOMFORT EARBUDS

 

日本人のイヤフォン3大安心ブランドの一つ、それがBOSEボーズ。

 

3大とはSONYソニー、APPLEアップル、そして今回紹介するBOSE ボーズ。

 

完全ワイヤレスイヤホンも3メーカー出揃っている。

 

下は3社の各イヤホンともう1社、ANKERのノイズキャンセリングイヤホンも合わせて画像を並べてみた。

Bose QuietComfort Earbuds

¥33,000

BOSE
Apple AirPods Pro

¥27,800

AirPods
SONY WF-1000XM3

¥25,000

SONY
ANKER LIBERTY AIR2 PRO

¥12,980

ANKER

 

3社は値段も高いが当然音質も高い。(追加したANKER社はここに並べてみるとダントツに安い)

 

これらの3大ブランドを選ぶと、比較的ハズレもなく、知識うんぬんも抜きに、上質な音に容易にたどり着ける。

 

イヤフォン、ヘッドフォン、スピーカーなどのオーディオにこだわりがある人には、この3大ブランドのような有名でありきたりなブランドでは納得がいかないという人もいるよね。

 

そんなこだわりのあるあなただって、BOSEのサウンドなら認めざるを得ない実力があるのは理解しているはず。

 

BOSE QUIET COMFORT EARBUDSのメリットとデメリット

BOSE

前項でBOSE QUIET COMFORT EARBUDSの値段が最も高いのはすぐわかったよね。

 

その値段に見合っただけの体験や感動が得られることを誰しも期待したいところ。

 

実際はどうなのか、BOSE QUIET COMFORT EARBUDSのいいところ、そうでないところを簡単に最初に紹介しておこう。

 

メリット

★誰もが納得の高音質(安心のBOSEサウンド)

★ノイズキャンセリングの効き具合が最高

音質の良さノイズキャンセリング効き具合のメリットに期待したいあなたなら、費用に値するものが得られるよ。

 

デメリット

★ワイヤレスイヤホン本体が大きいところ

★充電ケースのサイズの大きいところ

逆にデメリットが気にならないあなたなら、メリットでもたらされる利益の方が上回るはず。

 

雨の日も安心の防滴仕様。

防滴仕様

 

SONYのノイズキャンセリングイヤホンはこちらの記事でチェックしてみよう。

期待と裏腹な外見 BOSE QUIETCOMFORT EARBUDSを開封

 

梱包の箱

BOSE QUIETCOMFORT EARBUDSの箱はこの通りシンプル。製品自体の値段を考えるともう少し高級感を感じたいのは私だけだろうか。。

 

他社のイヤホンの箱に比べると期待感はやや下げ気味。つい最近レビューしたANKERの完全ワイヤレスイヤホン2機種とどうしても比較してしまうのは避けられない。

 

箱自体には豪華な雰囲気は全くなく、売りのような文句の一つも書かれていない。

 

相当な割り切り方。これは音へのこだわりなのか。

 

肯定的に捉えると音に対する余程の自信の表れかも。間違いなくコストカットには役立っているはずで、その分を音作りに予算が掛けられるからね。

 

箱の中身もシンプルというか質素な雰囲気すら感じてしまう。。

 

BOSE QUIETCOMFORT EARBUDS付属のイヤピースもSMLの3種類のみ。最近レビューしたANKERのイヤピースは10種類近くあるのに比べると企業のものづくりに対する姿勢の違いがはっきり伺える。

これはますます音に期待がかかる。

イヤホン本体

イヤホンの外見は上画像だけではわかりにくいが結構な大きさ。

ソニーの完全ワイヤレスイヤホンよりもさらにでかい。

 

ただし、BOSE QUIETCOMFORT EARBUDS装着感はイヤピースの仕組みも手伝ってかイヤホン本体のデカさによるデメリットはさほど感じない

一度耳に装着すると落ちる心配も少ない。

 

BOSE QUIETCOMFORT EARBUDSのマイナスポイント その1

 

イヤホン本体のデカさも今後小形化を期待したいが、BOSE QUIETCOMFORT EARBUDSの何よりも充電ケースをなんとかした方がいい。

 

充電ケース

これははっきり言ってお荷物レベルの大きさ。気軽に前ポケットに突っ込むなんてことは諦めないといけない。

後ろポケットでもかなり膨らむ。

 

冬ならコートなど大きなポケットがあってなんとかなるが、夏場はかばんに入れるなどしないととても持ち歩けない。

 

ジーンズなどのポケットに突っ込めないこともないが、かなり膨らみ足が動かしにくい。

 

充電ケースが開けにくい

 

充電ケースの開閉もボタンでロック解除されるが正直そこまで必要かとも感じた。

 

フタがあれば十分で、ロックがあるとしてももっとマグネットなど容易に解除できるくらいの仕組みが望ましいと感じる。

 

そしてロックボタンが小さすぎて軽く触れても開かない。そんなセキュリティ対策がバッチリなケース。

正直もう少し小さくして欲しい。。。

 

BOSE QUIETCOMFORT EARBUDSのマイナスポイント その2

BOSE

最近の完全ワイヤレスイヤホンは、イヤホン装着時に音声ガイダンスが流れる。音だけのものもあれば、人の声でスマホとの接続状態をアナウンスしてくれる。

BOSE QUIETCOMFORT EARBUDSも例にもれず音声ガイダンスがある。

それがちょっと微妙な雰囲気をかもし出している。

と言うのは、接続先のスマホの機種名、パソコン名(型番)などがアナウンスされる。接続先の型番を長々と読みあげてもらわなくても正直困ることは何もない。

もちろん発音はネイティブのものだが、SONYの様なあの洗練された未来感のあるアナウンスではない。

むしろこの音声ガイダンスはオフにするのがおすすめ。

頑張ってはいるが認めてもらえない残念な感じ。

 

【楽天市場】BOSEの完全のイメージワイヤレスイヤホン『bose quietcomfort earbuds』ならポイントがお得な楽天市場がおすすめ。0と5のつく日はさらにお得。最高のノイズキャンセリングと音はすぐそこ。驚きの音を今すぐ手に入れよう。

いよいよBOSE QUIETCOMFORT EARBUDSの音に注目

 

BOSE

 

BOSE QUIETCOMFORT EARBUDSレビューのここがメインコンテンツ。

 

音のレビューはどうか。

 

さて、ここからがこのイヤホンの核心部分

前半は見た目のデカさに傾いたレビューになってしまっただけに、ここからは挽回したいところ。

 

さっそくBOSE QUIETCOMFORT EARBUDSとスマホと接続してみた。あっさりとブルートゥースは繋がりミュージック再生スタート。

 

音楽再生

 

きたー。やっぱりね。

 

期待を裏切らない音がやはり用意されていた。

 

上画像のイメージよりもむしろこちら下画像のイメージ。

BOSE SOUNDS

あのボーズサウンドがここにはしっかりある。若干低音寄りのあの音。

 

完全ワイヤレスイヤホンでこの音を作るのはさすがボーズ。箱をケチっただけのことはある。

 

あたかもスピーカーで音楽を聴いている錯覚すら感じるボーズサウンド。これが完全ワイヤレスイヤホンから聴こえる。

 

旨味のある音。ごちそうを前に生つばが出てしまうような、思わずニンマリしてしまうような、そんな嬉しい音を聴かせてくれる。

 

「イヤホンというエンターテインメント」を創り上げた、そんな偉業を担ったボーズの音創りさえも感じる。

 

この音で文句をつける人はほぼいないはず。

 

もしも不満ならワイヤレスイヤホン以外の選択肢を素直に選ぼう。

 

ROCK SHOW

 

先程も触れたように、音のバランスは低音寄りのチューニング。

 

耳に突き刺さるような高音が好みの人には向かない。(個人的な意見)

 

迫力のある、スピーカーで聴くような、そんなものをイヤホンでも求めたい人にはボーズがぴったり。

ベースのブースト感がぐいぐいくる。

ロックやポップスがとても似合う。

 

イコライザーでいじってもボーズサウンドは変わらない

BOSE QUIETCOMFORT EARBUDSのスマホアプリBOSE MUSICにはイコライザー機能などはない。

なので別のアプリなどで音を触ることになる。

おすすめはJetaudioアプリ。無料で使えるイコライザー機能が満載のアプリ。

 

Jetaudioの標準(無料)のイコライザーで色々触るのも結構簡単な操作で楽しめるが、BOSE QUIETCOMFORT EARBUDSとの音の相性ではJetaudioの「AM3D」イコライザーがおすすめ。

 

このアドオンタイプのイコライザー機能は有料なんだけど音のバランスを崩さず低音と、高音をバランス良く変化させてくれる。

 

Jetaudioで色々と触ってみて感じたのが、どれだけエフェクトさせた音もボーズサウンドであり続けるということ。

 

これはなかなかすごいことだが、逆の言い方をするとボーズサウンドから抜け出した音は得られないとも言える。

 

おすすめ最強のイコライザーセッティングはこれだ!

 

Jetaudioのセッティング

前項でBOSEサウンドからは逃れられないとは言ったが、セッティング次第でBOSEサウンドを突き抜けさせることはできる。

いろいろとBOSE QUIETCOMFORT EARBUDSでJetaudioのイコライザーセッティングを触ってみて最強の組み合わせを見つけた。

もちろん音は個人の好みもあるが、高音から低音まで、しっかりボーズサウンドを楽しむことができるセッティングを紹介する。

 

主にロックや、ポップスなどバンドのタイプの音源にピッタリのセッティングはこちら。

 

標準のノーマルイコライザーはオフ

AM3Dオーディオエンハンサーをオン

Crystalizerクリスタライザーをオン

 

ちなみに、AM3DオーディオエンハンサーとクリスタライザーはJetaudioの有料の拡張イコライザー機能。数百円と安いのでこの際購入しよう。

 

さてどんな音がするのか。言葉で言うのと聴くのとはイメージがずれるのは間違いないが、低音はボーズらしくしっかり鳴らし、高音寄りの音は突き刺さるレベルに引っ張るセッティング。

破綻しないレベルで気持ちいいシャリシャリ、キラキラ音が低音に乗っかり実に気持ちいい。

ボーズサウンドで高音をここまで強調するとこんなに気持ちよくなるのかと見違える音を聴かせてくれる。

ちなみにこのイコライザーセッティングを別のイヤホンで試しても同じ音は再現できない。BOSE QUIETCOMFORT EARBUDSでしか得られない特権みたいなもの。

 

AM3Dオーディオエンハンサーはこのセッティングにする

 

AM3Dオーディオエンハンサー

ジャンル選択はロック

Z-Bassをオンにして、ダイヤルは86

Z-Trebleをオンにして、ダイヤルは75

他はオフ

 

Crystalizerはこのセッティングにする

クリスタライザー

こちらはオンにして標準の50のまま。

クリスタライザーがとてもいい仕事をしてくれる。ただの高音ブーストとはまた違う気持ちいい音。あなたの好みに応じて数値を変化させるとさらに面白いかもしれない。

 

 

ついに登場したSONYの最新ノイキャンイヤホンのレビュー記事はこちらからチェックしてみよう。

BOSE QUIETCOMFORT EARBUDSのノイズキャンセリングの効き具合は最高

BOSE RUIET COMFORT

値段が高いだけはある。

 

BOSE QUIETCOMFORT EARBUDSのノイズキャンセリングの効きはさすがによく効いている。

詳細に触れていこう。

 

ノイズキャンセリングの効き具合はイヤホン単体でも変更が可能。

スマホのアプリでももちろんノイズキャンセリングの効き具合を3段階に変更することができる。

 

ノイズキャンセリングの効きを弱めたいとか中くらいにしたいとかというニーズはそれほどあるだろうか・・・とは思う。ON/OFFくらいで十分かと。

 

そして、お待ちかねのノイズキャンセリングの効きのレベル

 

「安全面を考慮して」だとかという言い訳じみたノイズキャンセルの出来の悪さをカバーする言葉をよく目にしてきたが、このイヤホンはそのレベルを超える出来栄え。

 

scilence

 

完全ワイヤレスイヤホンでは最強レベル。『シーン』という音が流れている。。ことはないが。

 

初めてノイズキャンセリングを使う人の場合は恐らくは危険を感じるレベル。

 

後ろ側からの気配は完全に失われるので、夜道は人通りの少ないところなどは完全に無防備になるのと変わらない。

 

静かな自宅などの環境でこのBOSE QUIETCOMFORT EARBUDSで音楽を聴くと、周りにいる人とのコミュニケーションは不可能になる。

 

何の音もない静けさに包まれ、話しかけられたことにも気づけないくらい。話しかけても無視していると怒られる恐れもあるので注意しよう。

暗い夜道

 

自宅で一人の時は戸締りには十分に注意しておこう。知らない誰かが家にいても気づかないからね。

 

【アマゾン】Bose QuietComfort Earbuds 完全ワイヤレスイヤホン ノイズキャンセリング機能は最強 値段に比例した価値を確かめよう。すごい音は少しの背伸びで手に入る。あなたの毎日も同じだけレベルアップする。 

まとめ BOSE QUIETCOMFORT EARBUDSを買うのはあなたかも

Bose QuietComfort Earbuds

 

購入価格や本体自体の大きさという壁を乗り越えたあなたには、あなたの求める音がそこにある。

 

今までの中途半端な、「ワイヤレスイヤホンだから音は犠牲」「ワイヤレスイヤホンだからノイズキャンセリングの機能もこんなもの」という自分に言い聞かせる生活から解放される。

 

これだけの値段がしたのだから、「これくらいの音は当たり前、これくらいのノイズキャンセリングは当たり前」の生活にグレードアップする。

 

毎日の通勤、通学もグレードアップ。今まであなたがよく聴いていた音楽もまとめてレベルがアップする。

 

朝早起き

 

毎朝起きるのが楽しみになる、そんな完全ワイヤレスイヤホンがBOSE QUIETCOMFORT EARBUDS

 

背伸びした分、あなた自身も成長するイヤホン。それがBOSE QUIETCOMFORT EARBUDS

 

【楽天市場】BOSEの完全のイメージワイヤレスイヤホン『bose quietcomfort earbuds』ならポイントがお得な楽天市場がおすすめ。最高のノイズキャンセリングと音はすぐそこにある。

 

2021年最高のコスパを完全ワイヤレスイヤホンに求めるあなたには4つ目の選択肢としてANKER Liberty Air2 Pro がおすすめ。2021年に登場した最新のノイズキャンセリングイヤホンだけに最新の機能が満載。詳細を知りたくなったあなたはこちらの記事をチェックしてみよう。