WF-1000XM4をレビュー 最高の音質の上限はイコライザーで突き抜ける

ソニーワイヤレスイヤホン

 

WF-1000XM4はSONYのノイズキャンセリング完全ワイヤレスイヤホンの最新で最高の機種。

 

レビューするまでもなく、買うまでもないくらいにわかる音の良さ。

 

発売間もなく売り切れとなっているのは、誰もが音質を信じてやまない証拠。

 

超ベストセラーの前モデル登場から長らく時が経ち、誰もが待ち望んでいたWF-1000XM4

 

後継機が登場するまでトップクラスの音質であったわけで、当然メーカーとしてもさらに上回る音質と性能の製品をリリースするのはメーカーに課せられた使命。

WF-1000XM4の音がいいのは当たり前

SONY 完全ワイヤレスイヤホン

満を持して登場したWF-1000XM4

 

早速聴いてみたがさすがはベストセラー機の後継機。

 

否応なくハードルは高くならざるを得ないWF-1000XM4だが、軽くそこは超えてきた。

 

そして前機WF-1000XM3ではデリケートな雰囲気を持っていた通信品質に関しても安定感は増した。

 

通信品質は使用するスマホやプレイヤーにも左右されるが、WF-1000XM4はターミナル駅など人混みでの不安定さは微塵も感じさせない。

 

かつての音飛びはもう過去の遺産となった。

 

WF-1000XM4の装着感は前機とは雲泥の差

ソニーワイヤレスイヤホン

このコンパクトさでこの音を作れるのはソニーだけ。ANC、LDAC、360Realityやらまで機能てんこ盛りは他社じゃ真似できないレベルのWF-1000XM4

 

イヤピースはサイズ感が合えば快適で遮音性も高い。耳からはみ出ない大きさがやはり心地がいい。

 

そして耳からはみ出さない新しいSONYはその特徴的なシックなブラックにゴールドのアクセントがあるデザインは見る人にはすぐにわかる存在。

 

製造が追いつかずなかなか手に入らない中、新しいSONYのいい音に浸れるあなたは恵まれた存在。

 

スポンサーリンク

WF-1000XM4の値段は 安すぎない?

SONY完全ワイヤレスイヤホン

昨今のハイレゾオーディオ機器の価格はもはや気軽に音楽を楽しめるほどの値段ではない。

 

そんな状況の中、自他ともに認める品質の前機種WF-1000XM3はメーカーにとっても自信の製品だった。

売れ行きにおいても実績が示す通り高性能、高音質が実証された。

だがWF-1000XM3ハイレゾ機ではなかった。。

 

WF-1000XM4は前機よりもかなり高価になると予想していた。

 

なぜならWF-1000XM4ハイレゾ機で、LDAC対応になったという点がさらなる付加価値であるから。

 

それ以前に、注目のベストセラー機WF-1000XM3の後継機種だから、さらに音がいいなら少々高くてもユーザー買うはずとメーカーも見越すことはできる。

そういうことで、WF-1000XM4は当然に高価になるものと思っていた。

 

高音質オーディオはマニア向けの趣味となりつつあり、高額なものでも売れる実態があるからね。

 

誰もが手に入らない高音質

実際にハイレゾオーディオはもはやマニアの領域の趣味になってしまって久しい。

高音質というものはもはや誰もが楽しめるものではなくなった。

 

二十万円以上もするオーディオプレイヤーで聴く音こそがホンモノの音なのか。。

 

実際の演奏を再現する良さというよりも、いかに耳が気持ちよいと感じる音を出せるかにシフトしている。

ついに楽器でも出せない音をオーディオプレイヤーからは聴くことができるほどだ。。

 

少々話がズレたので元に戻ろう。

 

3D Reality Audioアプリ

360 Reality Audioという機能があり、対応するアプリを使うことで音を楽しむことができる。

確かに機能は素晴らしくて、聴き心地も評価できる。

ただし頭上後方から鳴る楽器には違和感は否めない。。

 

スポンサーリンク

最大限の音質は引き出せない標準アプリのイコライザー

SONYアプリ

WF-1000XM4とスマートフォン。この2つで役者は揃った。そしてソニー専用のHEADPHONESアプリ。この組み合わせでどれだけ高音質が引き出せるのか。

5バンドのイコライザーと、低音を変化させるClearBassがある。

結果は、、やはりそつなく期待を上回る音を聴かせてくれる。が、しかし、やはりここまでか、、といったところを感じた。

 

標準プリセットイコライザーをチェック

Bright

イコライザーBright

中高音を中心にクリアな軽めのサウンドを聴かせてくれる。低音は控え目。

 

Excited

イコライザーBright設定

全体的にフラットでやや高音側と最も低音側のバスドラ、ベースを印象づけたサウンド。ドラムとベースの存在しない楽曲にはオススメしない。

 

Mellow

イコライザーMellow

長時間聴いても聴き疲れしないように高音をカットして、低音の騒がしさもカットしたサウンド。

 

Manual

イコライザー設定マニュアル

マニュアルでイコライザーを設定したものをCustom設定で登録が可能だ。

設定が少なすぎて物足りない感は否めない。

他にもRelaxed、Vocal、TrebleBoost、BassBoostなどのプリセット設定が用意されている。

正直なところWF-1000XM4はイヤホンそのものの潜在能力は計り知れないが標準イコライザーでは活かしきれていない。

例のアプリを登場させよう。どこまでWF-1000XM4が化けるのか見ていこう。

 

WF-1000XM4✕Jetaudioのイコライザーは最高の上限を突き抜ける

ジェットオーディオ

Jetaudioアプリのイコライザーの出番。

ボーズのノイキャン機、BOSE QUIET COMFORT EARBUDSで最高の音を聴かせてくれたイコライザーセッティングでWF-1000XM4を使って検証してみた。

ソニー完全ワイヤレスイヤホン

設定は音質優先、LDACにして音源はFLAC。

ジャンルはロックで視聴してみたWF-1000XM4のレビューがこちら。

 

★高音 刺さるレベルまでの高い音を拾ってくれる。エッジ感がある。

★中音 豊かな味わい深く、潤いのある嬉しくなる音が溢れる

★低音 低音寄りのイヤホンと名打ってもいい耳の中を揺さぶる響き

 

全般的に解像度は高く分離感も十分。

何よりも情報量の多さに圧倒されてしまう。目の前に山程プレゼントを突き出されてどれを手にとっていいやら困るような感覚に近い。

派手目な曲だと聴き疲れ感も否めないところはある。一方で音場の広がりや深さは控え目。

 

おすすめイコライザー Jetaudioのセッティングはこれだ

ジェットオーディオ

Jetaudioはイコライザー機能が秀逸のスマホアプリ。無料なので誰でも簡単に手に入る。

このアプリの特徴はイコライザー機能がてんこ盛りと言うこと。

 

Jetaudioは直感的に音を変化させることも、細かくセッティングすることもどちらもできるイコライザー重視のスマートフォン向けの音楽再生アプリ。

 

やはり何より、誰もが簡単に音をシミュレートできるのが売り。

よくあるスマホアプリでイコライザーのスライダーだけあっても、何がいい音か普通の人がチューニングなんてできない。

 

高性能なイヤホンでしか設定できないおすすめのイコライザーセッティングはこちら。(イヤホンの素の性能が高くないと音が破綻するため)

おすすめ設定(ROCK/POPS)

★標準イコライザー OFF

★標準ジェットオーディオ音場効果 OFF

★AM3Dオーディオエンハンサー ON

 ・ジャンル設定 ロック

 ・Z-Bass ON、数値は86

 ・Z-Treble ON、数値は75

 ・Z-Surround OFF

 ・Z-Boost OFF

★Crystalizer ON 数値はセンター

※女性ボーカルなど高音が刺さる場合はZ-Trebleの数値を60以下に下げよう。

ちなみにAM3DオーディオエンハンサーとCrystalizerは有料のオプション。

 

いずれもたったの数百円。安いのでこの際購入してしまおう。(お試し利用すれば良さはすぐわかるはず)

 

今回はBOSE QCでベストなセッティングをそのまま持ってきて試聴したので、さらにWF-1000XM4の能力を引き出せる設定を今後試行錯誤していく予定。おすすめが見つかれば改めて更新していく。

 

簡単に各機能の特徴に触れておくと、下記の設定で音を変化させることができる。

 

標準イコライザー スライダーを10バンドと20バンドに変更が可能。(Jetaudioプラス)プリセットジャンル設定も32セットから選べる。カスタムも登録可。

イコライザー

標準ジェットオーディオ音場効果 X-Bass、X-Wide、音場(ホール、スタジアム・・・)などのボリュームボタン。

ライブ感をアップさせるにはX-Wideと音場設定をお好みに変えてみよう。

AM3Dオーディオエンハンサー 上述のボリュームボタン。ライブ感をアップさせたい人はZ-SurroundをONにしてみよう。

 

Crystalizer Crystalizer+、Crystalizer HX、Crystalizer HX+の各設定のボリュームボタン。

Crystalizer

Jetaudioアプリの詳しい情報はこちらの記事からチェックしてみよう。

WF-1000XM4で徹底的にイコライザーを極めたい人へ

イコライザーチャート

イコライザーで自由自在に音をコントロールしたい人は上画像のシートを参考にJetaudioのイコライザーのスライダーで調整してみよう。

シートのPDFはこちらのリンクから入手できる。SWEETWATERのHPへ

 

(少々小難しいので、ここは飛ばして読んでいただいても結構。)

 

このシートの詳しい説明までは割愛するが、使い方のポイントのみ簡単に説明しておこう。

 

縦軸が主な楽器の名称

横軸が周波数 低音(20Hz)から高音(20KHz)

 

★調整のし方

①イコライザーで音を調整したい楽器に着目し横軸を見ていく。

②同じ楽器でも音の成分の分布が周波数の異なるところ(3~4か所)に分かれている。

どの部分をイコライザーで変化させるかをシートで周波数を確認。

③該当する周波数のイコライザーのスライダーでアップさせるかダウンさせるかで音を変化させる。

 

ポイント

下記のことを頭の片隅に置きながらイコライザーをいろいろいじってみよう。

・調整したい同じ周波数帯にいくつか異なる楽器の音が存在する場合、その周波数をイコライザーで変化させると複数の楽器の音も同時に変化する。

・ある楽器の音を強調したい時、その音が幅広く周波数が分布する場合はイコライザーも分布に合わせて台形を描くように変化させる。

・ある楽器の音を局所的に強調したい時、その音が狭い周波数に分布する場合はイコライザーをピンポイントに変化させる。

 

イコライザーで変化させるときの方法には2つある。

 

・強調させたい周波数のスライダーをアップさせる(ブーストと言う)

・強調させたい周波数以外のスライダーをダウンさせる(カットと言う)

 

ブーストさせるよりもカットしてマスターボリュームをアップさせる方が音が破綻しにくいので、こちらを推奨。

 

イコライザーは触りだすと結構奥が深いので結局何がいいのかわからなくなることがよくある。

そんな時はプリセットのイコライザーセッティングに頼るのが一番。プリセットをベースにして変化させる。

 

BOSEの音楽が聴けるサングラスを知ってる?実は使い方を勘違いしている人が多い。あなたの生活にBGMが加わる。こちらから記事をチェックしてみよう

WF-1000XM4とBOSE QUIET COMFORT EARBUDSと音を比較

ボーズと比較

WF-1000XM4と比較して次のポイントBOSE QCの方が好印象に感じた。

 

低音の迫力

ノイズキャンセリングの強さ

 

低音の迫力はやはりBOSEのブランドイメージでもあり、得意とするところだけあって流石と言いたい。死守している。

ソニーWF-1000XM4は残念ながら低音はBOSEを超えることができなかった。

聴き比べるとはっきりと違いはわかる。バスドラムの響きは、まるで体全身で音を受け止めたように沈み込む様な音圧の存在を感じる。

BOSEと比較

やはりBOSE QCはイヤホン本体の大きさによるメリットが大きい。

イヤピースの遮音性の高さも貢献している。柔らかいゴム製のイヤーピースの耳へのフィット感はWF-1000XM4のイヤーピースよりも自然で心地いい。夏場は特におすすめ。

 

他にWF-1000XM4との比較ではBOSE QCは、

→音場は若干広い

→低音を除くと全般的にナチュラル

 

BOSEと比較

 

ノイズキャンセリングの性能をそれぞれで表現してみると下のような感じ。

★WF-1000XM4 無

★BOSE QC 消音〜

 

ちょっとわかりにくいので補足すると、BOSEQCは耳には聞こえないノイズの打ち消し音が大音量で溢れるような感じがする。

BOSEサウンドを経験したことのない人には、BOSE QCの一聴の価値は、WF-1000XM4登場後も十分にあり。

 

ここまでBOSE QCを好評価しているが、安心して欲しい、上記のBOSE QCが優位なポイントを除けばWF-1000XM4が音質などトータルで上回る

 

2つのイヤホンは好みの楽曲などで十分使い分けすることができる。

 

BOSE QUIET COMFORT EARBUDSの詳しいレビュー記事はこちらからチェックしてみよう。

まとめ WF-1000XM4はこの先数年ベストセラー

イヤホン

WF-1000XM4は日本人の好みをよく理解した製品。品質にはかなり神経質にこだわったように感じられる。

 

見た目も触れた感触も好感の持てるもの。

パッケージも必要最小限なものにし、環境への優しさも感じられるものとなっている。

ソニー完全ワイヤレスイヤホン

この先数年の間は最も売れるフルワイヤレスのノイズキャンセリングイヤホンになることは確実だ。

次のWF-1000XM5が登場する迄の間はね。

誰が買っても間違いなく確実に高音質が得られるイヤホンがWF-1000XM4

どんな音かわからない、ハズレかもわからないマイナーな機種に高額を出す?

 

売り切れが暫く続くのは確かな音の証。

 

イヤホンに関する関連記事はこちらからチェックしてみよう