ノースフェイスを海外から購入する方法とは あなた好みのノースフェイスを買う

northfaceus

今回は海外で流通しているノースフェイスの商品を地域別で購入するための方法を紹介する記事。

 

アメリカ、ヨーロッパ、アジアのノースフェイスの地域別の買い方を紹介していこう。

 

アウトドアファッションの人気ブランドが、ザ・ノースフェイス。

 

街の中などで見かけない日はないくらい、毎日目にするアウトドアファッションブランド。

 

よく目にするだけに他人と同じものが被るのはちょっと恥ずかしい。できれば誰も持っていないノースフェイスを手に入れたいと思うのは自然なことだよね。

ノースフェイス

そんなノースフェイスはどこにあるのか?

 

誰も持っていないノースフェイスは海外にあるのだ。

 

日本で流通していないノースフェイスを手に入れたいあなた向けのノウハウがここにある。

 

2つのノースフェイス

ノースフェイス

他の記事でも既に何度か触れてきたが、日本から見て大きく分けてこの2つのノースフェイスがある。

  • 日本国内製品
  • 海外製品

日本国内で流通しているのは上の「日本国内製品」なのだ。

 

海外で流通しているものと、日本国内で流通しているものが異なる理由は別の記事で詳しく書いていた。こちらの記事↓

 

日本のノースフェイス、ゴールドウイン公式サイト

日本国内のノースフェイスは

日本国内のものを入手する方法としては

 

直営店、一般店舗、ネットショップ、アウトレットなどがある。

 

最近ではドン・キホーテなどで衣料なども見かけるほど、どこででもノースフェイスは流通している。

 

年に数回ファミリーセールも実施されている。詳しくはこちら↓の記事

海外のノースフェイスは

ノースフェイス

海外のものは以下のような国の分類で製品が流通している。

 

実際はもっと異なるが、日本から入手する方法としては大まかこの3通りのものを検討しておこう。

  • アメリカ本国
  • ヨーロッパ圏
  • アジア圏

大まかこのような分類で戦略を考える必要がある。

 

スポンサーリンク

ノースフェイス海外品の入手に向けた戦略とは

ノースフェイス

ノースフェイス海外製品入手に向けた戦略とはということでさらに詳しく掘り下げてみよう。

 

アメリカ本国、ヨーロッパアジアの3パターンからの個人輸入のしかたを解説していこう。

 

考え方はこの2つのステップ。

  • 購入する店舗をどこにするか
  • 日本への配送はどうするか

 

購入する地域ごとに分けて考えてみよう。

 

スポンサーリンク

アメリカ本国からノースフェイス購入方法

ノースフェイス

アメリカでノースフェイス製品を購入し日本国内へ直送するサービスは残念ながら無い。

 

探せば見つかるかもしれないが、そんなレアなショップに品揃えまでは期待はできない

 

アメリカに限らず共通して考える戦略はこの下の2点。この観点を意識してそれぞれの地域に当てはめていこう。まずはアメリカからだ。

→どこで購入するのがおすすめか

→どうやって日本に輸送するのか

 

初めてならアメリカのノースフェイス公式ショップから

アメリカで流通しているものをどこで購入するのかの答えはこちらだ。

 

直接アメリカのノースフェイスの公式ネットショップで購入する。

 

またはアメリカの数あるネットショップで購入する。

 

安心度ではノースフェイスの公式ショップが最も望ましい。特に海外ネットショップでの買い物が初めての人は、どこかわからないネットショップは避けた方が無難。

 

アメリカのノースフェイス公式サイト

 

海外ネットショッピングに慣れている人なら安心できそうなお店ならどこでも問題無し。

 

そして購入の流れなどは英語なだけで日本でショップする流れと変わらない。

日本でのネットショッピングとは一つ異なるところがある。それは配送先住所輸入代行業者あてにするということ

 

もしも公式ショップ以外で購入する場合、最低限Paypal決済を利用することをおすすめする。

万が一トラブっても取引を取り消すことができるからだ。私自身もこれで救われたことがあるから。

 

Paypal(ペイパル)とは決済代行サービス。世界中で利用できる。

ペイパルの使い方の記事はこちら↓をチェック

アメリカからの転送は輸入COMがおすすめ

どうやって日本に輸送するのかの答えはこちらにある。

 

輸入代行サービスを利用して日本へ輸送するのだ。

 

アメリカからは輸入COMを使うのがおすすめ。私もアメリカからはノースフェイスに限らずいつも輸入COMを使う。

 

輸入COMの特徴は日本のサービスであることや、もちろん日本語が使えることがあげられる。

 

消費税の掛からないオレゴンに配送センターがあるのもポイント。

 

日本への配送代も分かりやすく、荷物の大きさの違いによる費用のリストなど用意されている。

 

輸入COMの詳しい使い方は別記事で書いているのでチェックしてみて欲しい。こちら↓

ヨーロッパからノースフェイスを購入する

ノースフェイスイギリス

ヨーロッパ(EU圏)には国がたくさんあり、ノースフェイスを購入するやり方もアメリカよりたくさんの選択肢がある。

 

それゆえに、アメリカが初級なら、ヨーロッパは中級〜上級となってしまう。

 

理由の一つとして、ヨーロッパ圏は流通が国をまたいで行ないやすいという点がある。

 

そのため転送サービスを行う会社への輸送が国をまたぐケースがある。

 

どこで買うのか、どの国の転送サービスを使うのか、そこを意識しないと想定以上の税金などのコストが発生してしまう。

 

コストが低い転送会社を利用するために、その会社の国へ発送できるのかなどがある。

 

イギリスのガーンジー島など無税の場所を経由させるなど。(foward2meなどサービス)

 

転送業者も日本以外のところを利用しないといけないとなると誰でも簡単にはいかない。

と、ここまで難易度高めな話をしていた。

 

アメリカに習って輸入転送サービスを利用するのも一つだが、EU地域からノースフェイスを簡単に購入する方法がある。それがサーフドームだ。

ノースフェイス

※上画像の「JPY」は日本円のこと。

 

サーフドームはとてもしっかりしたサービスを提供してくれる。個人的な感想では、最も安心で配送が早いサービスがサーフドーム。

 

サーフドームを使うとヨーロッパからのノースフェイス購入も入門レベルに難易度は低くなる。(アメリカは初級とすると)

 

サーフドームの利用のしかたはこちらのリンクに詳しく書いているのでチェックしてみよう

 

アジア圏からノースフェイスを購入する

タオバオ

アジア圏で最も大きな流通がある国が中国

どんなものでも手に入ると言われているネットサイトが淘宝網タオバオなのだ。

 

中国人向けのサービスなので、中国語がわからないと利用できない。

英語圏なら英語なので多少なりとも教室で学んだ経験が活かせる。

 

しかし中国は言葉と通貨という2つの壁のハードルを超えないといけない。

さらに、中国の流通製品に対する信頼性をどこまで許容できるのかがある。

 

どうやってこれらをクリアするのか?の答えはある。

タオバオ専用の購入代行、転送代行サービスを利用するのだ

タオバオ

タオバオ専用の代行サービスがタオバオ新幹線

 

タオバオ新幹線の使い方についての詳しい記事はこちら↓

 

まとめ 美味しそうな話も食べないと味はわからない

ノースフェイス

海外のノースフェイスを手に入れることが結構楽しそうと感じたあなたは進んでみよう。

 

しかし、どのパターンを選んでもいろいろと準備が必要

 

ネットショッピングに欠かせないのはアカウントの登録。転送代行サービスへの登録。決済代行を使う場合はペイパルへの登録。

 

心配な人の場合、海外向けショッピング専用に新しいグーグルアカウントの作成もしておこう。。

 

そして、海外からのショッピングでの注意点はいろいろあるが、心得ておかないといけないことが、配送時間の違い

日本は特別な配送システムがあり、最短翌日が一般的なもの。

同じ感覚では不安で眠れない毎日を送ることにもなりかねない。

 

場所やサービスによるが手元に届くまで、ひと月程度待たされるのはよくあることだ。(特にアメリカからの場合)

明日や今週末に使うつもりで購入するというのは現実的ではないので理解しておこう。

 

アメリカの場合

  • 発注しても発送まで一週間程度
  • 休日、祝日はきっちりお休み
  • アメリカ国内の配送が遅い
  • アメリカから空輸は、アラスカ経由、場合によってはさらに一旦中国経由になる

のような感じだ。

 

あなたは進む派?引き返す派?

この記事を読んで実際に行動に移す人は恐らく1割にも満たないはず。

理由は結構面倒くさいからがほとんどのはず。

 

行動した人しか得られないものがある。

海外のノースフェイスを手に入れることは、単にレアなノースフェイスを手に入れること以上に意味がある。

これらのことを経験することは様々な可能性にも直面することができる。

 

ここまで読んでいただいたあなたには一歩進んでいただくことをおすすめする。

 

その一歩はたとえ半歩でも、一歩なのだ。

海外で流通しているノースフェイスをチェックしてみることから始めてみよう。それも立派な一歩だから。

 

ノースフェイスアメリカ公式サイト

ノースフェイスフランス公式サイト

ノースフェイスイギリス公式サイト

 

 

関連記事】はこちらからチェック