テレビを壁掛けにするだけで高齢者の生活が豊かで笑顔が増える

壁掛けテレビ

高年齢にとってテレビは最も身近な娯楽であり、今も家の中での中心的な存在となっている。

 

少しオーバーな言い方をすると家族の一人ともとれるくらい。テレビのあるところに一人家族がいるようなものだ。

 

つまり、生活のどの場面にもテレビがあれば賑やかになるのだ。

 

壁掛けでテレビを増やせるのなら試してみよう。それだけで笑顔の数が増えるのだから。

 

個人的なところから話を進めてみよう。

 

わが家(実家)はこんな環境

壁掛けテレビ

実家のダイニングは文字通り食事をするだけの場所となっていた。

 

昔から思っていた、この場所にテレビがあれば賑やかになるのにと。。

 

テレビを置くには台がいる。しかし、そこまでのスペースは無い。

 

この壁にテレビを掛けることができればいいのになあと、妄想することが何度もあった。

 

ダイニングにはちょっとした壁があり、カレンダーが掛かっていた。

テレビを掛けるにはちょうどいいくらいのスペースで、絶対いい感じになるという直感だけはあった。

 

実際にやってみると、効果はてきめんだ。

 

スポンサーリンク

テレビの壁掛けには何が必要

ドリル

テレビを壁にかけるには壁掛け用の金具が必要。実はモノとしてはそれくらいしか必要ではない。

しかし、壁掛け用の金具以外にも必要な道具などがある。

 

ざっと挙げると以下のようなもの

  • 壁に穴を開けるドリル
  • ネジ回し用のドライバー
  • 壁裏のセンサー
  • 人の手

 

壁に穴を開けるドリル

電動ドリルは今や一家に一台くらいに手頃に手に入るツールになった。

使えるかどうかは別とすれば、二千円程度からドンキホーテでも購入できる。

穴をあける壁の材質にもよるが、特にこだわりは不要ならたいていのものでOK。

一つだけ気をつけるべきは、ドリルの経をネジよりも小さなものにしないといけない。

使うネジよりも小さな穴が必要になる。

ネジと同じ経ではないので注意しよう。

ネジよりも大きな穴が空いてしまうとその穴は使えないので、別の穴を用意しなければならない。

 

ネジ回し用のドライバー

ここでいうドライバーはどの家にでも必ずあるドライバーではない。

使う壁掛け金具にもよるが、1m程度の長さのものが必要となる。

特にテレビと壁との隙間が小さな場合は、こういったドライバーが必要になる。

テレビ側の金具と、壁に取り付けた金具をしっかりと締め付けるために必要なものだ。

ホームセンターに行けば入手することができる。

 

壁裏のセンサー

壁掛け金具を壁に取り付けるときに、壁の裏側の構造をチェックする必要がある。

ペラペラの薄い壁板だけのところには壁掛け金具は付けられない。

壁を補強するために、一定間隔で間柱がベニヤや石膏ボードの裏側にある。

その場所をセンサーを使って特定する。

 

人の手

この一連の作業は一人ではできない。

必ず自分と誰かもう一人の最低二人で作業することが必要。

万一床にテレビを落とすと壊れてしまう。

ドリルで壁に開ける際に、位置決めしないといけない。メジャーで位置を特定し印を壁に付ける時に

壁の裏などから配線を通すときに、引っ張ってもらえる人がいればとても助かる。

壁掛け金具を壁に付け終わり、テレビを壁に掛けるときは二人でしないと大変だ。

サイズの大きいもの、重いものはなおさら。

 

スポンサーリンク

壁掛け金具をネットでチェックしよう

壁掛け金具

ネットで壁掛け金具を調べるとわかるが、とにかくたくさんの種類があり、何がいいのやらとなる。

値段はというと、それほど高くないものから、ほとんど同じに見えるものがやけに高いものまである。

実際に買ってみて理解できたポイントがある。

 

テレビとの適合

重さ

壁からの距離

 

取り付けは高齢者だけでは無理 サポートが必須

サポート

必要なものが揃い、実際の作業にあたっては注意が必要。

 

一連の作業は一人ではできない。必ず一緒に作業をサポートしてくれる人手が必要になる。

 

よっぽど力持ちで要領が良い人なら可能かもしれないが、割と小さなインチのテレビであっても一人では危ない場面がある。

まして大型のテレビは少なくとも健常者二人が必要。

さもないと、怪我かテレビが壊れるかのどちらかになる。

 

テレビを壁に掛ける段取りとは

段取り

テレビを壁に掛けるということ自体は、イメージとして単純なことと思われるが、実は結構段取りは少なくない。

 

  1. 壁と壁のすぐ下の床をきれいにしよう
  2. 取り付け金具の設置位置を決めよう
  3. 壁に金具を取り付けよう
  4. テレビの裏に金具を取り付けよう
  5. 壁にテレビを取り付けよう
  6. テレビに配線を取り付けよう

これで仕上がりだ。

思ってたよりも結構大変かも。

でも得られる満足度を考えると、やって見る価値の方が上回るはず。

 

まとめ 壁掛けで笑顔が集まる部屋が増える

壁掛け金具

私の実家ではたまたまテレビを45インチから65インチに買い替えることとなった。

 

その古いテレビはまだ使えるので余った状態だった。捨てるにはまだ壊れてもいなくてもったいない。

 

そういうテレビがあるなら、活かすに越したことはない。壁掛けできる壁があればやってみよう。

 

とは言え旧型のテレビは相当重たい。

こんなに重たくて大丈夫かな?最初は気になったのも事実。

 

壁掛け金具自体はかなりの強度があり、恐らくたいていの重さの薄型テレビを支える事ができる。

 

壁さえしっかりとしていれば大丈夫。

 

そして最後に壁掛け金具も、ほぼすべてのテレビに付けることができるものが用意されている。

 

繰り返すが最も肝心なのは壁だ。

壁

いい壁があるならチャンス。きっと笑顔が増えるよ。

 

関連記事