EMSスーツ着用のEMSジムが既に1000店舗も 日本人の99%が知らない事実とは

 

全身EMS

 

ドイツはEMS機器トレーニングの先進国。それに比べて日本は後進国。まだまだEMS機器トレーニングの認知度は低いんだ。

 

EMS機器を使ったトレーニング効果自体が未だに疑問視されていたりするので。。

 

この記事では、99%以上の日本人がまだ知らないドイツのEMSスーツを着用したEMSトレーニング事情を紹介していくよ。

 

ドイツではケルン体育大学(ドイツスポーツ大学)がEMS機器トレーニングに関して先行的な研究を進めてきてた。

 

そして、その成果によってEMS機器トレーニングをいち早く一般のトレーニングとしての地位まで確立することができているんだ。

 

近い将来日本も同じようにEMSスーツを着用したトレーニングが普通にスポーツジムに採り入れられるのは間違いない。

 

EMSスーツ専用ジムもどんどん誕生していくのは間違いない。(少しづつ増えてきてるよ)

 

日本国内ではシックスパッドで有名なMTG社も、シックスパッドステーションというEMSスーツ着用のトレーニングジムを既にオープンしていて、その店舗数はこの先どんどん増えていくはず。

日本のシックスパッドの知名度はEMSトレーニングではダントツのブランドだからね、みすみす他社には譲らないはず。

 

今からEMSトレーニングの知識を増やしておけば、EMSスーツトレーニングの時代が日本にも本格的にやってきたときにはあなたは第一人者になれるかも?

 

 

 

EMSスーツトレーニングに効果があることは既に疑いのない事実

 

ドイツ国内ではEMSスーツトレーニングは既に一般に広く知られ、利用もされている。

 

ドイツ国内は約1,000店舗以上ものEMSスーツ専門のトレーニングジムがある。

 

ドイツ国内の通常のフィットネスジムは約6,000店舗以上、その1割近くでオプションとしてEMS機器トレーニングが採用されている。

 

EMSスーツトレーニングはもうドイツを中心とした欧州では当たり前のトレーニング方法の一つになっている。

 

EMS専門ジム

 

今更、EMSの効果があるとかないとかの次元の話ではもうなくなっているということなんだ。

 

詳しい人ならどれだけ日本が遅れているかがわかるよね。

 

そんなドイツでも、過去、EMS機器専門のトレーニングの効果は懐疑的で疑問視された時期がある。

クレアチンの増加が腎障害につながるなどの批判など。。

 

実際のところ、EMS機器トレーニングが腎障害に繋がるような症例もなく、管理された状況でのEMS機器トレーニングの効果が実証され、理解のもと受け入れられている。

 

EMSスーツ専門ジムでのトレーニングとは

 

全身EMS

 

EMSスーツ専門のジムで扱うEMSは全身EMSというもの

 

シックスパッドのように腹筋だけ、腕だけのようなものではない。

 

上半身や下半身を丸ごと電気信号で刺激することができる専用のEMSスーツを着用するものだ。

 

日本のシックスパッドステーションでも全身EMSスーツを着用している。

 

Youtubeの動画を観ればどんなトレーニングかがイメージができる。

 

全身EMS

※上の画像は中国のEMS専門トレーニングジム「BODY IMPULSE」。https://impulse-studio.asia/

 

EMSスーツトレーニングの4つの特徴

 

EMSスーツトレーニングの4つの特徴

 

・上半身用のジャケット型、下半身用のパンツ型を着用(ワンピース型もあり)

 

・体の各部位に電極が接触するように専用スーツが設計されている(スーツにバッテリー付属のワイヤレスタイプもあり)

 

・個人の特性や目的に合わせて電極に送る電気信号を専門のトレーナーがコントロールする

 

・約20分のトレーニング時間

 

 

EMSスーツトレーニングの効果

 

・筋力アップと体重減を図ることができる

 

・トレーニング後効果をすぐに検証できる(体の変化を数値で確認できる)

 

費用

・約2千円超(1回) ※ジムやサービスによっても異なる

 

 

ドイツのEMSジムをいくつか紹介しておく

 

 

ドイツにあるEMSジムを参考としていくつか紹介しておくね。

 

form werk

EMSスタジオ

・form werk https://form-werk.de/

 

fitbox

EMSスタジオ

・fitbox https://fitbox.de/de/studios/fitbox-berlin-senefelderplatz

 

Nautilus FITNESSCENTER

EMSスタジオ

・Nautilus FITNESSCENTER https://www.nautilus-fitnesscenter.de/

 

・McFit(ここは普通のトレーニングジム。比較のため) https://www.mcfit.com/de/

 

 

BODY STREET

BODY STREET

・BODY STREET(WEBサイトはUS) https://www.bodystreet.us/home/

 

大手のBody Streetの店舗はこの画像の様な感じなんだ。300店舗以上ある。

 

EMSスタジオ

EMSスタジオ

1店舗自体はこんな具合に小じんまりしている。

 

トレーニング風景はこの様な感じ。

 

BODY STREET

上画像の赤字を含む一文をピックアップ。

It has been scientifically proven that an EMS workout achieves better results than conventional exercise and can help improve your strength, body shape, and stamina in a number of ways:

 

日本語訳は、EMSを使ったトレーニング(ワークアウト)は従来の運動よりも体力や、体形や、スタミナなどの向上に対し、より良い結果が出ることが科学的に証明されているのです。

 

 

認証EMSトレーナーライセンス制度まで既にあるんだ

 

certified EMS trainer

 

EMS専門ジムのトレーナーとして指導するための認証ライセンス制度があるんだ。https://www.ems-certified.com/?page=home

 

養成コースを受講できるのはドイツ、フランス、イギリス、イタリア、ポーランド、アメリカの各国。

 

それだけEMSトレーニングが既に一般的になっている証拠だよね。

 

この先、日本だってこのような波がすぐにやってくる。

 

今から準備しておく?留学するのもいいかも。

 

ライセンスには2種類ある。

 

EMS License trainer Level 1 (ベーシックコース)

EMS License trainer  Level 2 (アドバンスコース)

 

英語を勉強して誰よりも先に申し込もう。

 

個人用の全身EMSスーツも既に登場している

 

家庭用でも使える個人用の全身EMSスーツも既に市場に出ているEASY MOTION SKIN社の製品。

 

どんなトレーニングかと言うと、全身EMSスーツを着用して筋トレやエクササイズをおこなうんだ。

 

動画を観てみればすぐにわかるよ。

 

 

 

EASY  MOTION SKINは個人向けと、ジム向けの2種類がある。

 

全身EMS

 

言語を日本語に変更できるのでどんな特徴か詳しく見れるよ。https://easymotionskin.com/ja/

全身EMS

 

 

今すぐに手に入るEMSスーツ。【楽天ランキング受賞商品】家庭用EMSスーツ「Active」今すぐ始められるよ

まとめ 今から始めない?EMSトレーニング

 

全身EMSトレーニング

わかったかな?EMS機器を利用することで筋トレに有効なのか、そうじゃないとかというレベルではもはやないことを。

 

ここまで読んだ人は先にやったもの勝ちなのは言うまでもないことってわかるよね。

 

特に全身EMSトレーニングは専門のEMSジムで、専門のトレーナーの指導のもと行うのが前提。だから効果が出せる。

 

全身EMSトレーニングは個人の体の特性に合わせたトレーニング方法か不可欠なんだ。

 

トレーニング機器を見てもわかるように、利用する人に合わせてかなりチューニングが必要。

 

裏を返せば、どの人も全く同じやり方では効果が出ないのは当たり前と言うことになる。

 

このことからも、いま日本ではシックスパッドが個人で利用できる有名なEMS機器なんだけど、チューニング機能はない。

 

そのままの状態で効果がある人もいれば、そうでない人もいるのはある意味では致し方ないといえる。

 

それでも工夫と、考え方で効果は出せるのも事実。こちらの記事に詳しく書いている。

 

 

今はEMSトレーニング、EMSジムの大きな波が届く少し前。

 

もうすぐ日本もEMSトレーニングが当たり前になる日は近いんだ。

 

さあ、今スタートすれば、あなたは大きく成長できるはず。

 

先行者利益は今だけだよ。

 

 

 

 

トレーニングのジャンルに関する記事一覧はこちらから「筋肉が笑顔する」記事一覧

★最新記事の通知★を受け取る
スポンサーリンク