動画編集ソフトFILMORAとは FIMIPALMの後はFILMORA 読み方はフィモーラ めんどくさいから解放

 

filmora

 

動画編集用のパソコンアプリ、FILMORA9をレビュー。

FILMORA9は安くて簡単で使いやすいおすすめの動画編集アプリ。

そしてとにかく安い。

 

FILMORA9を使えばYouTubeなどへアップする動画を作るにはとても簡単で便利。

 

値段と性能を考えると今一番おすすめのアプリがFILMORA9

 

メーカーはWondershare(ワンダーシェア)。公式HP:https://www.wondershare.jp/

 

動画編集は正直めんどくさいから時間を掛けたくない

 

撮影後

 

カメラで動画を撮ったあとの面倒な作業が動画編集。これは避けては通れないんだよね。

 

この動画編集の作業が好きな人なら問題はないけど、最もストレスの溜まるところだからさくっといきたいよね。

 

さっさとYouTubeにアップしたいけど、そのままの動画をアップするわけにはいかない。。

どうせならちょっとでもイケてる感じに仕上げたい。たくさんアクセスされたいからね。

 

FILMORA9 フィモーラでする動画編集って難しいの?

フィモーラ9

FILMORA9をせいぜい2回も使うと普段使いに必要な8割方の機能は理解できる。

 

それだけ簡単なアプリ。

 

迷うような設定があまり前面に出てこないのがFILMORA9のいいところ。

 

必要なときに、必要な機能を引っ張り出して使えるのがとても便利。

 

初心者にもわかりやすく、上級者には引き出しにとっておきの機能を用意している。

 

FILMORA9を使う前は無料の動画編集ソフトAVIUTLを使っていた。無料ゆえにたくさんのユーザーが利用、活用しているのでノウハウなどもネットにたくさんある。プラグインなんかもたくさんある。

 

だから大抵のことができてしまう。。とは言え、AVIUTLはいかんせん古臭いアプリ。

 

昔のパソコンを使い続けてる雰囲気は否めない。

 

最近の4Kなど大きなサイズの動画を扱うようになって、やはり不自由さが目立ち始めてきた。

 

どれに乗り換えるか。

 

アドビのプレミアは値段は高いが高性能。

 

予算があればこの一択なのかも知れないが、それほど動画編集がメインではないので却下した。(今から考えてもこの選択は正解だった)

 

FILMORA9は適当に触っても使えるソフト。

 

とにかく操作が簡単なので使いやすい。編集に時間を掛けたくない人向けのアプリがFILMORA9。

 

動画編集は大まかこの3つ、たったこれだけがめんどくさい

 

HARD WORK

 

動画編集には大きく分けると3つの工程があるんだ。

 

①撮影した動画を編集。

②編集が終わった動画を変換。

③ユーチューブへの登録。

 

そしてこれらの作業のどれもが時間を要する。想像しただけでめんどくさいよね。

 

この時間がかかる要素としては特に次の2つのポイントに大きく左右される。

 

・サイズの大きい動画データ

・パソコンのスペック

 

これを回避するには実は答えは簡単。

楽に

データのサイズを小さくする。

パソコンのスペックをいいものにする。

 

データのサイズは工夫次第で対応できる。

パソコンの方はすぐには難しいかもね。

 

FILMORA9なら操作が簡単だから少しはストレスも解消できるかも。

 

FILMORA9 操作性の良さ 動画で使い方を学ぶ

 

あなたはマニュアルを隅から隅まで目を通しておかないと気が済まない派かな?

とにかく操作が直感的にできることに尽きる。

 

そして、使い方自体がユーチューブにアップされている。

 

メーカーのWondershareが作成した動画なのでどの動画も要点のみの短め。

 

ユーチューバー作成のものよりもコンパクトだからわかりやすくてとてもおすすめ。

 

 

そして、解説に登場するエリオットさんが表情豊かでいい感じ。

 

日本語吹き替え音声とのギャップがありすぎてその違和感がまた面白い。

 

FILMORAで動画編集しやすい動画撮影とは

 

動画撮影

 

あらかじめ編集しやすい動画を撮影しよう。

 

なるべく短時間で編集を終わらしたい。

 

動画の編集って想像以上に面倒くさいからね。頭の中で描いたものを編集に取り入れるのは難しいしね。

 

だから、マニアじゃない一般の人にとっては編集時間は短くさくって終わるのが理想。

 

そのためには幾つかポイントがある。

 

動画撮影はこまめにカットしよう。

静止画を撮るように撮影しよう。

解像度は撮るものに応じて変えておこう。

 

 

動画はこまめにカットしよう

 

動画をカット

 

動画撮影はこまめにカットしよう。

 

理由は後で編集しやすいから。もちろんカットしない方が編集しやすいという見方もあるけどね。

 

スポーツのプレイなどカットしにいくいものは別として長時間のカットだとファイルのサイズがとても大きくなってしまうからね。

 

4K動画を撮影しようものなら作業にとても時間がかかってしまう。

 

テレビ番組を一度カットの観点で観てみよう。同じカットのままで取り続けている番組は皆無なことに気付けるはず。ほとんどが短いカットをたくさん繋ぎ合わせたものになっているよね。

 

長く撮って編集でカットしていくのも一つだけど、予め短めで撮っておくことをおすすめする。パソコンのスペックによっては読み込みにとても時間がかかるからね。

 

あのシーンどこだっけ?って思い出そうにも長いカットで撮っていると探すまでが大変だから。

 

静止画を撮るように撮影しよう

 

静止画を撮影するように

 

動画を撮るんだけど、静止画を撮るように撮影しよう。

 

テレビの番組をよく観てみよう。

 

結構カメラは固定になっているか、緩やかなカメラの動きになっている。

 

カメラが盛んに動き回っては観ている人が疲れてしまう。

 

映画やドラマのワンシーンなどは時にはカメラ自体も動き回ることもあり。そういうものでなければ基本はカメラは固定にしておこう。

 


まとめ FILMORA9を安く買うには

 

簡単で、結構使えるFILMORA9。

 

しかも普通に他のアプリよりだんぜん安い。

 

さらに安く買う方法があるんだけど少しわかりにくい。

 

ここだけが注意するべきポイント。

 

プランは「ライフタイムプラン」がおすすめ

フィモーラ9プラン

他の動画アプリと比較してもFILMORA9の価格は安い。

 

値段自体が1万円内で安くて買いやすいのもあるが、機能と使いやすさはやはり群を抜く。

 

時間の価値はお金では代えられないものだからね。

 

フィモーラ9

標準価格でも十分に安いのにさらに安く買う方法があるんだ。

 

ここで慌ててはいけない。

 

FILMORA9を特価で買う方法

FILMORA9特価

お値段は上の画像の通り。

Vectorベクターの「PC Shop」から購入することができる。

 

当初、通常価格で購入を予定していたが、この情報にたどり着いた瞬間申し込んだ。

ここは慌ててもOK。

 

ベクターの「PC Shop」へ辿り着くのが難しいので下にリンクを貼っておいたよ。

【パソコンソフトを探すならベクター「Vector」】Filmora 動画編集プロ(Win版) 永久ライセンス版¥5,980(※ワンダーシェア社のユーザー登録にて、バージョン9へアップデートが可能です)

 

完成度が非常に高いので、買ってよかったって思えるアプリがFILMORA9。

 

 

ジンバルカメラについて詳しく書いた記事はこちらのバナーリンクから記事をチェックしてみてね。

 

 

関連記事

★最新記事の通知★を受け取る
スポンサーリンク