YOW MERAKI 新型トラックをレビュー 2021年モデル YOW Pipeは気持ちいいサーフスケート

 

Yow Pipe

 

YOWの2021年モデルが登場。そして同時に新しく登場したのがYOWの新型トラックMERAKIだ。

 

これまでYOWの人気を支えてきたS5トラックをさらに魂を込めて仕上げたのがMERAKIトラック。

 

今回、新しいMERAKIトラックを採用した新デザインのYOW Pipe 2021年モデルを入手したので詳しくレビューしていくよ。

 

サーフスケートメーカーのYOWはスペイン生まれ。YOWの詳しい情報はこちらの記事で書いているのでチェックしてみてね。

YOW MERAKI トラックとは

 

Merakiトラック

 

YOW MERAKI トラックは人気のS5トラックをさらにブラッシュアップしたバージョン。

 

MERAKIはS5トラック(下画像)を改良したもの。

Yow S5

S5トラックの”デカくて重い”デメリットを克服した。

 

ベースはS5トラック。だから乗った感覚はS5と同じように楽しめる。

全方位で最強のトラックにさらに一歩近づいた。

 

MERAKIとは「魂を込める」という意味合いがあり、その意味の通り無駄な贅肉を削ぎ落としたスリムなトラックにYOWは変貌した。

 

YOWはカーバーに比べるとトラックの柔らかさが特徴的で、乗り方とかスタイルを気にしなければすぐに誰にでも楽しめるサーフスケート。

YOWの弱点もその柔らかいトラックにある。柔らかさは別の捉え方をすると不安定さともいえる。

 

YOW Pipe 2021年版をレビュー

 

Yow Meraki

 

YOWのPipeモデルは冒頭触れたように最も人気があり、これまでで最も購入されたモデルと公式サイトには記載がある。

 

ネーミングの「Pipe」パイプとはサーファーなら誰もが知るPipelineのこと。

 

Pipelineとはハワイオアフ島ノースショアのBanzai Pipelineというサーフポイントのこと。

 

正しいビーチの名前はBanzai Beach。詳細はSwelltechのPIPEモデルのレビュー記事にも書いているので後で読んでみてね。

 

Pipeモデルのデザインは伝説のパイプラインサーファーの一人Gerry Lopez(ジェリー・ロペス)のサーフボードから由来する「Lightning Bolt」。

Lightnig Bolt公式HP https://www.lightningbolt-usa.com/us/en/heritage

 

Lightning Bolt

サーファーじゃなくとも一度は目にしたことがある稲妻をモチーフにしたようなデザイン。

 

小さな画像だと色合いがわかりにくいが結構な光沢のあるデッキボトム。

2021年版のPIPE

YOW PipeのBOLTは画像では黄色に見えるが、実はよく見るとゴールド色。

 

Yow Pipe

実物は見間違いようのないくらい金ぴかのゴールド。

 

Pipeのデッキテープ側のデザインもMERAKI搭載の新型発売時点で変更になっている。

 

YOWデザイン

前モデル(上画像)はデッキのボトム側のデザインがそのままデッキのトップ側のデザインとなっていたが、今回ツートン風に変更となった。

 

最近のYOWのデザインはこの流れをくんでいるようだ。

 

2021年のYowの新型ラインナップはPipeだけじゃなく他のモデルもデザイン変更となっている。

 

YowMeraki

上の画像の通りどの2021年の新型モデルもデッキのトップ側の雰囲気は同じようなツートンカラーのデザインになっている。

 

新型YOW Pipeに乗ってみた感触は32インチながらさほど長さは感じない。むしろ短くさえ感じる。

 

Yow Pipe

デッキのトップ側はほぼフラットで、テール側が若干せり上がった仕様。キックテール。

 

リアトラックは相変わらずの、高床仕様のライザーパッド。フロントトラックは小さくはなったが地面からの高さは変わらない。

 

リアトラック

 

トラックの動きも手で触れただけだとS5とさほど変わりはない印象。。見た目は小型化したのでかなりスッキリした印象がある。

 

YOW MERAKIに乗った感想は

 

Yow Pipeに乗ってみた

 

MERAKIトラックのPipeに乗った感想は、「きびきび動く反応の良さ」。

 

トラックがクイックに反応するのでスピード感を感じる。

小刻みにトラックを動かすと素早いレスポンスがある。

 

逆に大きなテンポで動く場合はトラックのレスポンスがとてもいいので、すぐにニュートラルポジションに戻ろうとする力を抑え込むようにする必要がある。

 

S5トラックに比べると剛性感が高まった印象、ぶれも少ない印象を受けた。

まるで見えないレールの上を走るようなしっかり安定した走りを楽しめる。

 

32インチというサイズ、18.5インチのwbは短くも長くもなく、ちょうどいい。

 

レビュー動画はこちら。短い動画なのでチェックしてみてね。

 

 

乗り始めこそ少し短い?と思ったがこのサイズは絶妙にいい。

長すぎず、短すぎず。万能タイプ。

あなたの体格にも左右されるので、誰もがしっくりくるとは絶対には言えないので参考程度に。

 

サーフボードの場合、マジックボードというたとえで相性抜群のボードに出会うことがある。

このYow Pipeのサイズ感はまさにそんな感覚のある出合い。

ボードの長さは安定感と大きな動きによるスピードを得られる点で有利に働き、ボードの短さは小回りの効きとトリックにつながるポテンシャルを感じる、そんな両方の中間点にあるボードがYow Pipe。

 

CARVERとYOWを並べて比較した動画がこちら。

 

Swelltechと比較してみると

 

swelltech

 

Swelltechはサーフスケートの中で最もサーフィンに近いと称されている。

 

Yowに乗った印象はレールの上を走るような感じと少し前で説明していたが、Swelltechに乗った印象は道も何もないところを自由に走り回る印象、そんな感じ方の違いがある。

 

どちらがいいかは一概には言いにくく、強いて言えばどちらもおすすめ。持ち味がそれぞれ違うからね。

 

 

YOWのPipeとSwelltechのPipeの違いは

 

Pipe

 

これまでYOWの中で最も売れているモデルがPipe。

サーフスケートのSwelltechにもPipeモデルがある。

 

swelltech

 

正直どちらのサーフスケートも甲乙付けがたい。

両者は、かっちりした安定のあるスピード感のYOWとバツグンのカービング性能のSwelltechと表現できる。特にSwelltechはバックサイド側へのコントロールのしやすさは特筆もの。

ただし、YOWからSwelltechに乗り換えた瞬間は毎回注意が必要。

SwelltechはYOWほどにトラックの戻りが少なくどこまでもデッキが傾くので、ついついYOWと同じ勢いで動かそうとすると冷や汗をかくことになる。

ここは動画などで観ても実際に両者を乗ってみないと違いが理解できないポイント。

機会があれば試してみてね。

 

CARVER2021年モデルがいよいよ登場する!。こちらの記事からチェックしてみよう。

まとめ YOW MERAKIとPipe 2021はあなたにおすすめできるサーフスケート

 

yow

YOWに新型トラックのMerakiが登場したわけなんだけど、これまでのS5トラックも並行して製造、販売はされている。

 

コンプリートモデルの種類によっては、Merakiと従来のS5のいずれかの設定でしか買えないものもあるようだ。(タイミングの問題かも)

 

カーバーの場合は、実際に店頭にあるか無いかは別として、トラックとデッキデザインとの関係はC7もCXも選択できる。(国によるところもある)

 

Merakiは小型化に改良されているので、持ち運びする人には新型の方が望ましい選択。

 

それほど持ち運びを気にしない人、トラックを固定したい人は、これまでのS5でも楽しさはほぼ変わらないはず。

 

YOW

 

「レールの上を高速で走る抜けるトロッコのようなスリル」のある感覚を楽しみたい、そんなあなたは新型のMerakiトラックと新しいモデルのYOWを手に入れよう。

 

 

サーフスケートYOWの関連記事、サーフスケート全般の記事もたくさんあるよ。全部チェックしてみてね。

★最新記事の通知★を受け取る
スポンサーリンク