スムーススター サーフスケートをレビュー Smoothstarは乗り味もレア感抜群

SmoothStar

smoothstar (スムーススター)は今や超レアなサーフスケート。入手困難のコンプリートモデルをレビューしてみよう。

 

スムーススター サーフスケートとは、メジャーサーフスケート4つのうちの一つ。

 

スムーススターはオーストラリア生まれのサーフスケートボード。

スムーススター公式HP

南半球を中心に、アジア、ヨーロッパへ展開を行っていることがスムーススター各国のHPからも伺える。

 

国内では最も入手困難なサーフスケートの一つスムーススター Filipe Toledo コンプリートモデルを入手したのでレビューしてみよう。

 

なぜ日本では簡単に入手できないのかスムーススター

Smoothstar

アジア圏の中でも特にタイを中心に今サーフスケートが大流行している。東南アジア、中国、韓国まで広がりを見せている。

 

そしてスムーススターのサイトにはタイでのネット通販を制限している旨の記載がある。

 

スムーススターの生産、流通量が需要に追いついていないため、高値で取引される状況をメーカーが制限しようとのことだ。

 

公式ページから予約販売で正規購入すると特典が得られるようだ。→タイ公式HP

 

タイでは大人気のサーフスケートも日本ではあまり流行ってはいない。これはサーフスケートのベースとなるサーフィンが島国故に楽しみやすい環境であることなどにも起因する。

つまり日本ではサーファーしかサーフスケートには興味が無いということ。

東南アジア圏ではサーフィンなどとは無縁の人たちが圧倒的に多くサーフスケートを楽しんでいる。

サーフスケートメーカーにとって日本市場を積極的に開拓しなくとも、東南アジア圏での需要の方が遥かに上回っており、そちらへ集中した方が楽に儲かるという背景がある。

 

サーフスケート大国の東南アジア地域でさえスムーススターはなかなか流通していない故に、日本ではさらに入手困難となってしまっている。

 

タイのサーフスケート事情についてはこちらの記事でチェックしておこう。

スポンサーリンク

4メジャーサーフスケートメーカーとは

carverとYOW

サーフスケートで最も成功しているのがCARVER(カーバー)スケートボード。

最近では新たなサーフスケートブランドの台頭があり様々なブランドのメーカーが参入してきている。

その中の一つがsmoothstar(スムーススター)

 

サーフスケートには有名なものから、名前くらいは知っているもの、コピー品まで、探せば新しいものが常に見つかるくらいに種類が増えてきている。

 

メジャーな順に並べると以下のようになる。

CARVER

YOW

SWELLTECH

smoothstar(スムーススター)

 

これら4つのサーフスケートが他のサーフスケートとは違いメジャーなブランドであるのは、プロサーファーサーフボードブランドとのコラボレーションしているかどうかがポイントとなっているところ。

 

CARVER(カーバー)

Carver

CARVERは最も知名度があるサーフスケート。アメリカ生まれのサーフスケート。

Carver

サーフボードメーカー、世界的プロサーファーがネーミングされたサーフスケートを数多くラインナップしている。

 

YOW(ヤウ)

YOW

YOWは比較的に誰にでもおすすめできるサーフスケート。

YOW

スペイン生まれのサーフスケートがYOW。こちらもサーフボードメーカー、世界的サーファーのネーミングされたモデルを多数持っている。

 

これら2つのサーフスケートに比べて圧倒的に流通量が少ないのがSwelltechsmoothstar

 

Swelltech(スウェルテック)

SWELLTECH

Carverと同じくアメリカ生まれのサーフスケート。サーファーのネーミングを冠したモデルが売り。

 

Swelltechのレビュー記事はこちらからチェックしてみよう。

 

Swelltechsmoothstar(スムーススター)は両者ともに乗り味の感覚がよく似ているとも言われているが、実際はどうだろうか。

 

スケートボードでサーフィンの楽しさを味わえる別名サーフシミュレーターとも呼ばれている。

 

サーフスケートのトレーニングを重ねることでサーフィントレーニングと同等のものを得られると言われている。

 

スムーススターの実際のライディングは下の動画でチェックしてみよう。

 

スポンサーリンク

smoothstar スムーススターとは

Smoothstar

2004年にオーストラリアで誕生したサーフスケートがsmoothstar(スムーススター)。それぞれのサーフスケートメーカーが自社の製品と他社とを区別する最も特徴づける存在がトラック。

 

スムーススターも独自のトラックを擁する。

 

スムーススターのトラックはThruster system(スラスターシステム)と呼ばれているもの。

2軸で構成されたスムーススターのトラックは見た目こそは全く違うが、動きはYOWMerakiトラックとよく似ている。SwelltechというよりもYOWの方が近い。

 

そしてCarver C7トラックのようにトラックの動かしやすさも調整することが可能。

そしてThruster systemは他のサーフスケートの2軸タイプのトラックよりも軽量なのが特筆すべきポイント

 

サーフィンが上手くなるsmoothstar スムーススター

スムーススターはサーフィン上達のためのサーフスケートを前提に様々な活動に取り組んでいて、サーフスケート文化の形成にメーカー自身が積極的に取り組んでいる。

 

サーフトレーニングを真面目に取り組んでいるのがsmoothstarというメーカーの特徴。

School

メーカー自身がスクールなどイベントを開催している。ユーザーにあったサーフスケートの選び方についてもしっかりとメーカーとしての考えを示している。

 

この様な、サーフスケートを行う各人の体型やスキルに合わせたパーツなどの選び方をきめ細かに説明しているのはスムーススターだけだ。

 

smoothstar スムーススターの特徴とは

Smoothstar

サーフスケートスムーススターの各部ごとに特徴を見ていこう。

 

トラックの特徴 軽くてよく動く

トラック

それぞれのサーフスケートを特徴づけているのがトラックの仕組み。

 

スラスターと呼ばれる仕組みをフロントトラックに設けている。

リアトラック

リアトラックは一般的なサーフスケート同様シンプルな造り。

 

ウィール 小径かつ硬め

ウイール

smoothstar公式ページでもウイールの大きさについては詳細に説明されている。

 

他のサーフスケートメーカーではサイズ、色などの違いの説明はあるものの、乗り手に合わせるためのポイントは触れられてはいない。

 

複数のサーフスケートを乗って初めてわかることが、ウイールの違いと、路面のバリエーションによって乗り方や必要なスキルがかなり異なるということ。

 

自分のスキルや普段サーフスケートをする場所にマッチさせることで最大限サーフスケートの実力が引き出せる。

 

smoothstar Filipe Toledoモデルのウイールはそれほど特徴がなく、逆にいうと絶妙にバランスがとれているとも言える。

 

存在感や違和感があるのはマッチしていないという説明にもなる。特徴が感じられない=存在感がないのはいい仕事をしているからとも言えるわけだ。

 

デッキのデザインは

デッキデザイン

smoothstarはデザイン性が大きく異なる2つのタイプが存在する。

 

上の画像のようなコミカルなキャラのものか、今回レビューするFilipe Toledoモデルのようなシンプルでクールなもの。

 

ただしサイズとデザインはモデルごとに固定なので好きには選べない。

デッキデザイン

Filipe Toledoはブラジル人プロサーファーのこと。現役CTサーファー。

 

彼のJ-BAYでの素晴らしいサーフィンライディング動画がこちら。

Filipe Toledoの「#77」は彼のシグニチャーサーフボード#77モデルの名前から取ったもの。

 

Filipe ToledoはオーストラリアのシャープアイサーフボードSharp Eye Surfbordsのライダー。

スムーススターを実際に乗ってレビュー

Smoothstar

スムーススターのサーフスケートはCarver(CXトラック)やSwelltechなどの難しさはない。YOWと同じくらいの難易度。

 

要するに簡単なサーフスケートの部類に入る。気軽に誰もが楽しめるサーフスケート。

 

初めてサーフスケートに乗るときや、特に、別のメーカーのものに乗り換えたタイミングは気を付けないといけないことがある。

 

乗った感覚が異なるとバランスを崩しやすく、転倒することがあるから最初が肝心なのだ。

今回も例に漏れず慎重に乗ってみた。

が、最近使っているお気に入りのYOWと雰囲気が結構似ている。。

かなり慎重にした分、少し拍子抜けした感じがした。スムーススターは本当にとても乗りやすい。

 

YOWとスムーススターの2つを乗り比べるほどにとにかくよく似た感覚を受ける。

 

2台を並べてみるとこの通り、デッキサイズもウイールベースも全く一緒な2つのサーフスケート。色も言わずもがな。

SmoothStarとYOWを比較

実はスムーススターの方のウイールベースはメーカー表記は20インチとなっている。YOWは17インチ。

上の画像の通り車軸の位置はほぼ同じ。

スムーススターはトラックのピボットの位置で測っているのかも知れない。

スムーススターは若干フロントトラックのアクセルピボット位置がノーズの先端寄りにある(僅かな差)。

 

ここまでサイズ感が一緒だと異なる点を探すのは割と簡単。トラック、デッキの形状、ウイールの違いに着目してみよう。

YOWとの比較

トラックはYOWのMerakiトラックの改良版?とも思える雰囲気。

トラック

まず何よりもトラックから発する音がYOWとは違う。トラックが軽量な造りになっていて、トラックが振動するため高めの音が鳴る。

 

ガーガー、またはガラガラという感じの音。別段不快な音というわけではない。

YOWと比較

トラックの乗り心地はMerakiによく似た感覚だが、何かが異なるサーフスケートスムーススター。

Merakiほど強く踏み込んだ時の反発のクィック感はない。どちらかと言うとサーフボードを踏み込んだ時の反りに近い。

 

デッキはコンケーブがかなり深い(写真ではわかりにくいが)。

コンケーブ

コンケーブが深いので思い切った姿勢を取ることができる。

他のサーフスケートと比べても足裏感覚が結構違う。

シューズではなく裸足で乗って足裏でコンケーブを感じてみたいと思うくらい傾斜がついている。ボードに窪みがあるという感じだ。

 

ウイールはスムーススターの特徴としては最も印象に残らないポイント。

ウイール

可もなく不可もない印象。この事は逆に考えるとマッチしているからとも言える。

ウイールのサイズ選びに言及するメーカーはスムーススター以外には見たことがない。

ウイール

そこは決して間違ってはいないが、コンプリートを購入する時にウイールを選べるわけではないので、追加で体型や用途に合うものを購入することを促しているに等しくもある。

 

たくさん市場に供給され、価格も手頃なものであれば積極的にアピールされるのは好意的にも取れるのだがどうだろうか。

 

サーフスケートのサイズ選びについてもしっかりとポリシーを持ち、ユーザーに指針を提供しているスムーススター。

Smoothstar

YowとSmoothstarを比較した動画をアップ。

2つのサーフスケートがとてもよく似ているのがチェックできたかな。

 

まとめ スムーススターは応援したくなるサーフスケート

filipe toledo

アラ170cmの体格にはデッキサイズ34インチはもしかすると体格に対してオーバースペック気味かと心配していたが、そんなことはなくとても乗りやすい。

 

smoothstarには入手困難以外の点ではさして注目をしていなかったが、実際に乗って、触れてみて考えを大きく見直した。

 

手に持ってみたときのファーストインプレッションは、これ軽いっ!だった。

 

34インチのサーフスケートにしてこの軽さはかなり意外な印象。もちろん好印象

そして乗り心地はYOWと変わらない乗りやすさ。

 

さらにトラックのバネの部分には硬さを調整する仕組みも用意されている。

トラック調整

自宅に荷物のダンボールが届いたときに中でカタカタ音がなっていた。箱を開けると六角レンチが転がり出てきた??なんだこれ…

ここに使うのかと納得した。

Smoothstar

スムーススターはサーフスケートのハード面だけでなく、ソフト面でもしっかりユーザーに寄り添う。

 

ユーザーのレベルごとに応じた乗り方や、体型に応じた製品選び、そして、市場への製品提供に関する事情までユーザー目線で考える素晴らしいサーフスケートメーカーがsmoothstar

SmoothStar

製品自体も全くケチのつけどころもない出来。

 

断然おすすめなサーフスケートであるが一番残念なのは市場に製品が豊富に存在しないこと。

 

タイミング良く見つけたらすぐ買って楽しもう。

後悔しないサーフスケートはスムーススターだ。

 

サーフスケートの関連記事はこちらからチェックしてみよう