PUKASサーフボードとは YOW PUKAS RUSHはHLC SKATEBOARDSの地元出身

PUKAS

YOW 2021年モデルのPUKASサーフボードとのコラボモデル、PUKAS RUSHを紹介していく。

PUKASサーフボードは HLC SKATEBOARDSと同じ地元スペイン出身。

PUKAS公式HP https://pukassurf.com/

スペイン有数のサーフスポットがバスク地方にあるサラウツビーチ。そのビーチの目の前にPUKASサーフボードはある。

 

PUKASサーフボードとYOWは同郷でもあり結びつきも強い。

 

PUKASサーフボードのライダーにはスペイン人プロサーファーARITZ ARANBURUがいて、彼自身のシグニチャーモデルのYOWもある。

 

YOW PUKASの前モデルは

YOWのPUKASサーフボードモデルは昨年も2モデルあった。DARKと、LA LOCAの2つ。

PUKASサーフボードのLA LOCAはこちら。

LA LOCA

YOWのLA LOCAはこちら。

LA LOCA

今年はDARKモデルはデザイン変更で続投となり、LA LOCAモデルに代わり新たにRUSHが登場となった。

 

下画像の左が2021年モデルのDARK。右が昨年モデル。

DARK

今年のDARKはダークっぽさがなくなった。。何をモチーフにしたものなのか。

個人的には昨年のDARKこそがダークに思えてならない。

下の画像がPUKASサーフボードのDARK。一目瞭然なくらいダークな雰囲気してるよね。

DARK

スポンサーリンク

YOW PUKAS RUSHはどんなサーフスケートか

今回の主役はThe Rush。

PUKAS

実はYOWの公式ページには「RVSH」と記載があるがこれは完全に誤植。下画像の右側のロゴを見ると「RVSH」に見えないこともないが。。

RUSH

サーフボードのThe RUSHはAxel Lorentzのシェイプによるボード。

PUKASサーフボードにはシェイパーが何人かおり、Axel LorentzはPUKASサーフボードを代表するシェイパー。

PUKAS

PUKASのThe Rushはシンプルかつカラフルなサーフボード。

サーフボードとしてはオールラウンドタイプ。誰もがどんなコンディションの波でも使えるボード。小波用や、初心者向けではない。

PUKAS

レール部分がカラフルで、YOWも同じカラーリング。

トラックはMERAKI

PUKAS

2021年モデルであり、新型MERAKIを搭載しているモデル。

前後へコンケーブ強め

PUKAS RUSHと比較

YOWを3つ並べてみた。手前からPUKAS RUSH、PYZEL SHADOW、MEDINA TIE DIE。

PYZEL SHADOW、MEDINA TIE DIEの2つはほぼサイズ感と形状は同じ。ウィールベースも同じ。幅はPUKAS RUSHの方が広い。

YOWデッキ

デッキのトップ側を見るとわかりやすいが、デッキサイズはご覧の通り異なる。

スポンサーリンク

まとめ PUKASサーフボードとは

PUKAS

PUKASサーフボードは日本ではそれほど知名度は高くない。

今のところは知る人ぞ知るサーフボードとも言えるかもね。

今目を付けたあなたは先見性があるかも。

サーフスケートYOWのPUKASはデッキが大きくポジショニングに困らない。

PUKASサーフボードのThe Rushが1本あればどんなコンディションの波にも対応できるように、YOWのRUSHも幅広く活躍できるサーフスケート。

PUKAS

他のサーフスケートはアクティブでアグレッシブな印象のカラーリングが多い中、RUSHのカラーリングは女性にも受け入れやすい貴重なもの。

PUKAS

デッキテープもブラック基調なので汚れが目立ちにくいのもYOWの中ではおすすめの一つ。

 

YOWに関する記事は量産中。YOWやサーフスケートは情報が少ないからあなたの参考にしてみてね。