世界のスケボーパークはすごい! 作ろう金メダルにふさわしい日本のスケボーパーク

スケボーパーク

東京オリンピックが終わり2022年も国内のスケートボードの認知度は右肩上がりに上向きの状況。

 

そして子供たちを中心にスケートボードの人気はどんどん高まり、その人口は増すばかり

 

しかし、スケートボードを取り巻く環境は未だ追いついてはいない日本国内の状況がある。

 

東京オリンピックのスケートボード競技では多くのメダルを獲得したスケートボード。

 

スキルでは先進国の日本だが、環境面、すなわちスケートボードパークでは圧倒的に見劣りしている

(※この記事ではスケートパークをスケートボードパーク、またはスケボーパークと記載します)

 

海外と日本とのスケートボードの環境格差、スケボーパークの違いを見ていくのがこの記事の目的。

 

日本国内のスケートボード愛好者の今まさに望むもの、スケボーパークの開発を促進し、技術先進だけではなく、急増中のスケートボーダーがより楽しく過ごすための環境充実を実現に向けて訴えていこう。

 

世界にはこんなすごいところがたくさんある!いつか行ってみよう!というのもありだが、この日本国内にも世界に負けないスケボーパークを増やしていこう

 

日本NO.1となるスケボーパークは、これから建設ラッシュとなるはず。それは、あなたの街かも。

スケボーパーク

スケートボーダーやBMXライダーなど、ぜひともみんなで盛り上げていこう。

 

作ろう!金メダルにふさわしい日本のスケボーパークを。

 

スポンサーリンク

世界のスケボーパークの規模とは 海外と日本を比較ランキング

世界のスケボーパーク

海外で最も多くのスケボーパークの数と、その規模を有するのがアメリカ

 

スケボーパークの数はなんと3,000以上と世界一の多さはダントツだ。

 

しかも有名なスケボーパークはとにかく規模も大きく、その内容も素晴らしい。

 

世界のスケボーパーク数のランキングはこちらの通り↓。(全て概算値)

1位 アメリカ 3,300
2位 イギリス 2,500
3位 ドイツ 1,500
4位 オーストラリア 1,400
5位 フランス 830
6位 カナダ 510

7位以下はスウェーデン、スペイン、ニュージーランド、デンマーク…と続く。(skate.in調べ)

 

日本はというと約400(日本スケートパーク協会さん調べ)。

 

残念ながら日本はアメリカの約8分の1程度のスケボーパークの数しかない。

 

如何に日本でのスケートボードの環境が整っていないのかがわかるだろう。

 

これを見て悲観するのも自由だが、前向きに考えてみよう。仮に今の3倍になってもドイツに並ぶ程度。

 

日本国内でこんなにもスケートボードパークの建設ラッシュが起こったとすれば、大騒ぎどころではない。

 

私たちの暮らす日本はスケートボードのメダリストがいる国だ。

 

アメリカと比べても、日本人が胸を張ってスケートボードパークを求めても何の遠慮が要ると言うのか。

 

スポンサーリンク

スケボーパークは誰がつくる?もはやアートパーク

スケボーパーク

スケボーパークはパークと名前があるものの、ただのパーク(公園)ではない。

 

スケートボードの競技にはパークとストリートがあるように、それにぴったり合う構造や、設備のパークが求められる。

 

ただまっ平らなコンクリートの場所も、今の日本では貴重なスケートボードを楽しめる場所でもある。

 

理想を言えば、世界で目にするようなすごいスケボーパークが日本にもあちこちにあれば嬉しいのは間違いない。

 

最も有名なスケートパークの一つベニスビーチスケートパークがこちらの動画だチェックしておこう

 

スケボーパーク開発は誰がする? アメリカのスケボーパークビルダーとは

CALIFORNIASKATEPARKS

世界一のスケボーパークビルダーが、

CALIFORNIA SKATEPARKS/カリフォルニアスケートパークス。

 

ほとんどの日本人が聞いたことのないこのCALIFORNIA SKATEPARKSという会社。

 

昨年ほぼ全ての日本人が目にしているスケートボードパーク、そう、東京オリンピック会場もこのCALIFORNIA SKATEPARKSが手掛けているのだ。

 

CALIFORNIA SKATEPARKSのPresident/CEOであるJoe Ciagliaのデザインするスケートボードパークは世界で最も高い評価を受け、アメリカだけではなく、ヨーロッパ各国、南米などにも存在する。

 

スケートボードパークの中でも特別な位置づけにある。CALIFORNIA SKATEPARKSが数々の手掛けた作品ともいえるパークの一部がこちら。

CALIFORNIASKATEPARKS004

さらに詳しくチェックしたい人はこちらのリンクをチェックhttps://www.californiaskateparks.com/portfolio

 

上の画像にはあの有名なベニスビーチのスケートボードパークもトニー・ホークの自宅もある。いずれもCALIFORNIA SKATEPARKSの作品だ。

 

CALIFORNIA SKATEPARKSの手掛けたスケートパークを一つピックアップしてみよう。オクラホマ州のタルサにあるGathering Place Skateparkが下の画像。

 

Gathering Place自体は日本ではあまり見かけないようなタイプの公園。

 

詳しくはGathering Place公式サイトをチェックしてみよう。

CALIFORNIASKATEPARKS

そして日本には唯一、富山にあるToyama SkateparkがCALIFORNIA SKATEPARKSがデザインしたスケートパークだ。

CALIFORNIASKATEPARKS0

CALIFORNIA SKATEPARKSサイトToyama Skateparkリンクページ

 

CALIFORNIA SKATEPARKSが手掛けたハンティントンビーチのVans Huntington Beach Skateparkの動画がこちら

 

そして、アメリカにはCALIFORNIA SKATEPARKS以外にも有名なビルダーがある。

Spohn Ranch Skateparks

SPOHN RANCH

Aaron Spohn氏が創設した歴史あるスケートパークビルダーがSpohn Ranch Skateparksだ。

独特かつクールなデザインのスケートパークはまた違う素晴らしさがある。

公式サイトからチェックしてみよう。

https://www.spohnranch.com/

 

イギリス最大のスケボーパークビルダーとは

MARVERICK

アメリカに次ぐスケボーパークの数を誇るイギリス。イギリス大手のスケボーパークビルダーが、

MARVERICK SKATEPARKS/マーベリックスケートパークスだ。

 

コンクリート美を追求したデザインが認められ、「2019 GOLDEN TROWEL AWARD」を受賞しているのが下画像のイギリス南西部のニューキーにある「Newquay’s Concrete Waves」だ。

newquay

グーグルマップはこちら。周辺もチェックしてみよう。

MARVERICK SKATEPARKSの手掛けるスケボーパークはご覧の通りコンクリートが特徴的なデザイン。

 

コンクリートで作り上げるカーブが織りなす造形美は見ているだけでも価値がある。

 

日本の私たちはどこにスケボーパークを作ろうか

地図

日本には都道府県が47ある。市町村は1,718ある。

目先の目標は今すぐ50の新たなスケボーパークの設置くらいが妥当なところか!?

各都道府県に1つづつくらいスケボーパークが新設されて異論を唱えたい人はどれだけいるであろうか。

スケートパーク

何度も言うがメダリストのいる国が日本だ。

誰が作るのか。もちろん私たちが作る。

私たちのためのスケボーパークだから。私たちの子供たちのためにスケボーパークを作ろう。

 

スケボーパークの関連記事はこちらからチェック

スケボーパーク建設と引き換えの違和感

スケボーパーク

(少し脱線するのでこの章は飛ばして頂いてもOK)

一部地域の報道ではスケボーパークを建設する代わりに違法なスケボー利用者の取締を強化するという内容を見た。

事実かどうかは分からないが、これには違和感を感じる。

違法なスケボー利用はスケボーパークがあろうとなかろうと問題なのには変わらない。

まるで見逃してたのを、もう許しませんよとの発信にも取れる。

社会的に問題な行動は誰かの主観的な目で善し悪しを区別するべきではないと思う。。

それともう一つ、上の内容と若干相反するようなところもあり恐縮であるが、この記事で書いている通り、日本はあまりにも環境が整っていない。

近隣に一つスケボーパークができたので、スケートボーダーの望みは全て叶ったなどと考えるのは早計な理解に過ぎない。

どれだけの素晴らしい規模のスケボーパークかという内容面、立地など地域の利便性やボーダー人口などの要素も含めて考える必要がある。

地域に一つあるだけで、その地域のボーダーは恵まれているから行動を一新してくださいというのも乱暴な話と考えられる。

もう少し別なアプローチによる自主的なスケボー利用の規制を利用者自らが行うのが求められる。

ちょっと愚痴っぽくなってしまった。。

さて置き話をもとに戻そう。

スケボーパークを手に入れるための方法とは

スケボーパーク

世界のスケボーパークビルダーたちはどこも私たちの住む街でスケボーパークを手に入れるためのヒントを提供してくれている。

 

CALIFORNIA SKATEPARKSで記載されている引用はこちら。

Educate yourself on the benefits that a skatepark will bring to your town, city or community. Then, take that information to your local government; Parks and Recreation Board, City Council, Mayor, etc… Gather support for your project and it will happen.

要約すると、

あなたの街にスケートボードパークができた場合どのようなメリットが地域にもたらされるのかを予め調べて理解しておこう。

そして、地域の公園局、施設管理部門、議会、市長などにその案を提示しよう。

プロジェクトを立ち上げて支援を集め、実現しようスケボーパークを。

 

MARVERICKで記載されているヒントはこちら。

MARVERICK

GET A MAVERICK SKATEPARKSリンク

下にマーベリックスケートパークの各項目を挙げ、少し超訳した表現でまとめてみた。

Start a Skatepark Campaign

スケボーパーク活動を始めよう。

あなたの住む街にスケボーパークが無いのなら求めてみよう。

Get the Community Involved

地域を巻き込んだ活動をしよう。

地域の自治体に相談してみよう。

地域のコミュニティや企業などと共同で進めてみよう。

Find a Potential Site

近隣のスケートパークに適した場所を探そう。公共の場所なら自治体へ使用許可を確認しよう。

Design Your Park

スケートパークに関係する関係各所に働きかけて草案を作ろう。スケートパークの設計プランを自治体へ起案を申し出しよう。

Fundraise

地域の民間主導の場合は資金調達を工面しよう。自治体主導なら予算申請、獲得を目指そう。

まとめ みんなで実現しようスケボーパーク

スケボーパーク

日本のスケボーパークの世界ナンバーワンまでの道のりは今始まったばかり。

 

日本中のあちこちで動きが出始めている。

先週大阪でもこのような動きが報道された。

スケボーパーク

MBS NEWS

 

これからが新たなスケボーパークをスタートするのに最も適したタイミング。

事例が増えれば増えるほど、説得力も増し、地域の理解も、自治体も前向きな姿勢に拍車が掛かる。

 

自分たちの地元にCALIFORNIA SKATEPARKSの手掛けるスケボーパークができたらどうしよう?

 

どうせなら最高のスケボーパークを手に入れよう。世界のビルダーもみんなの連絡を待っている。

 

最後の動画が世界中のすごいスケートパークを紹介したもの。ベスト15。目の保養に役立つ。

 

目先の目標はたくさんの数のパークができること。

パークの数の次は質を求めよう

 

世界に誇れるような、どこよりも素晴らしいパークが生まれるのはあなた次第かも。

 

【関連記事】当サイトではサーフスケートを中心とした記事を書いています

おすすめの記事