Carver カーバーの練習場所の見つけ方 スケボーリュックでサーフスケート

カーバー

 

サーフスケートカーバーの練習場所、遊び場所の見つけ方を詳しく書いていく。

さらにはどうやってカーバーを持って外出するかを書いた記事。

 

なぜカーバーをあちこち持ち出すのか。それはカーバーを誰からも気兼ねなく練習できる場所が少ないから。

 

サーフスケートってどこでもできるわけじゃない。カーバーはスケートボードの一つだからスケートボードが禁止されているところでは基本できない。

結構いろいろなところに「スケートボード禁止」の看板がある。

 

カーバーは普通のスケートボードじゃないんだって言っても、そんなのを知らない人には通じないからね。

 

カーバーのできる場所

 

何かの上をジャンプで飛んだり、施設、設備にボードでこすったり、スケートボードのワンシーンにある凄いアクションはカーバーでは簡単にはできない。

サーフスケートはそんなタイプじゃないからね。

 

カーバーで遊びたいのに自由に遊べない

 

カーバーなどサーフスケートをどこで遊べばいいのか。遊び場所の見つけ方を考えてみよう。よく考えると案外たくさんあるかも。

 

カーバーをいざ買ったもののどこで遊べばいいのかって悩みはあるよね。

 

家の前でカーバーするとご近所から白い目で見られたりする。マンションだと管理会社から怒られたり。

 

公道や公園でやるにも目くじら立てる人だと苦言だけじゃ済まず、挙げ句通報されるかも。。

 

そんな悩みをお持ちのあなたも一緒にカーバーに適した場所の探し方を考えてみよう。そしてカーバーの持ち出し方についても考えてみよう。

 

skatepark

サーフスケートも単純に呼ぶとスケートボード、スケボーのこと。

スケボーと言えばやっぱり代表的な場所がスケボーパーク。でも残念ながら日本全国津々浦々にスケボーパークは無い。

 

カーバーとは何?という人はこちらの記事をチェックしておこう。

 

カーバーできそうな場所を分類

カーバー

カーバーなどサーフスケートに適している場所はこんな感じかな。

 

だだっ広い場所

緩やかな坂道

通行量の少ない場所

片斜面のコンクリート

両斜面のコンクリート

 

下に行くほどカーバーにとって理想の場所だよね。

スケボーパーク

 

スケボーパーク以外に両斜面がコンクリートになっている場所なんてあるのか?あったら見てみたいよね。

 

カーバーができそうなだだっ広い場所を探そう

カーバーのできる場所

だだっ広い場所を探そう。

 

最も場所探しの難易度の低いのが、ただ「だだっ広い場所」。

 

田舎の方にお住まいだったら広い場所なんてあちこちどこにでもあるかも知れないね。

 

都会だったらなかなか見つけにくいよね。

 

 

海の近くだとこんなポイントが候補になるよね。

海岸沿い

漁港近辺

コンビナート地帯

 

こういった場所の中では誰かに迷惑を掛けないということ。

車の通行を妨げない。自分にとっても危険だからね。

 

あちこちうろついて探してみるのも一つの手だけど結構大変。日頃からきょろきょろしておこう!

 

カーバーする日や時間を変えてみよう

カーバーのできる場所

 

お昼の往来の多いところも時間や日によっては景色が一変することもある。平日から休日、休日なら平日。日中なら早朝や、夜に時間を変えて探してみる?

 

早起きは三文の得だから、朝型人間に変えてみない?

 

サーフィンや、スノーボードする人だったら早起き得意な人も多いはず。

 

朝イチまだ人が少ない時間帯だと候補地がいっぱい増えてくるかもね。

 

まだみんな寝静まる早朝なんて理想かも。もちろん近所に人家のないところだよ。物音で叩き起こしてしまったら大変なことになってしまうからね。

 

 

カーバーできる場所の探し方

地図

カーバーできる場所の探し方はどうするか。あちこちあるき回ったりするのもなかなか大変だよね。

 

誰でも知っているいい方法があるよ。そうネットで調べてみよう。

 

口コミなんかをネットで探してもいいけど、そんな場所は穴場というよりも逆にネットの情報をもとに人が集まってきてる可能性もある。

 

どうせならあなただけの穴場を探してみよう。

 

グーグルマップを活用してみよう

google-maps

グーグルマップを活用してみよう

スマホのマップの航空写真の機能を使って空から探してみよう。

 

たとえば大阪近郊の湾岸地域を眺めてみる。

まずはあなたの近所に何があるかな?思い出してみよう。山の近くの方、海の近く?工場地帯?河川敷、大きな公園などなど。

 

あなたの住んでいる地域によって目指す場所は変わってくる。

 

グーグルマップからあらかじめ目星をつけたところを拡大してみる。

カーバー場所

ここ良さそうじゃない?でもマップになんか書いているよね。「海水浴」「バーベキュー」って文字が気になる。

 

想像してみよう。海水浴場だと夏場は人が多いかも。バーベキューって書いているから休日の日中も多いかもね。

 

できたら平日の午前とかなら、誰もいない感じかも。

 

こんな感じで自分の住む街の近所を調べてみよう。具体的にいつ行くか、どうやって行くかを計画してみよう。

 

サーフスケート カーバーを持ち歩くことにしよう

 

サーフスケート

 

カーバーを持ち歩こうか。カーバー以外のサーフスケートでももちろんOK。

 

普段何気なく移動をしているとふと目に入る場所ってない?

 

あっ、ここカーバーするのにちょうどいい場所じゃない?って。

 

でも手元にはカーバーなんて持っていない。常に持ち歩いたりしてないよね。結構重いからね。

 

改めてこの前見つけた場所へわざわざカーバーするために訪れることもない。

 

いつもとは言わないけれど、手元にカーバーがある状態なら見つけた瞬間さっと取り出して遊べるんじゃないの。

 

実際にカーバーをリュックで持って電車で出掛けた時の動画がこちら。

 

持ち歩けるカーバーがカーバートライトン。別名どこでもカーバー。詳しくレビューした記事はこちらから

 

小さなカーバーと持ち運ぶバックを持とう

 

カーバー

 

小さなカーバーと持ち運ぶバックがあればあなたの足が移動手段。

 

小さなカーバーは軽くて短いタイプのこと。サイズは30インチを下回るものがいい。

 

重量もなるべく軽いものにしよう。

 

カーバーのトラックはC7よりもCX、CXよりもC5が軽い。

 

これまでサーフスケートはスケートボードよりも大きくて重いのが当たり前だった。

 

カーバーだってそう。あれを持ってあちこち移動すると思うだけでぞっとする人がほとんどだった。車じゃないと無理だよね。

 

普通のスケートボードには専用のバッグが市販されている。サーフスケートしてる人はあまり意識してこなかったよね。

 

普通のスケートボードよりも小さなカーバーがある。スケボー用のバッグを活用しない手はないよね。

 

チェックしてみよう。どんなスケボー用のバッグがあるのか。

私がゲットしたのはこれ。

 

バッグ

 

スノーボードメーカーのBURTONのバッグ。ネット通販でかなり安く購入できた。

 

あちこちネットを見てみたが、それほどたくさん売れるものではないらしく安いバッグが結構見つかる。

願ったり叶ったりなので探してみよう。あなただけのお気に入りのバッグを。

ますますカーバーを持ってでかけたくなるはずだよ。

 

 

 

スケートボード用のバッグにカーバーを着けてみよう

 

スケートボード用のバッグにはその外側に二本のボード装着用のベルトが用意されている。

 

そのベルトを使ってボードを固定する。二本のベルトなので、二つのトラックにそれぞれうまく引っ掛けてバッグに固定できると思っていた。

 

実際にボードを固定してみて初めてわかったのが、二本のベルトの位置はトラックを意識したものではないということ。

 

せいぜい一つのトラックをベルトに引っ掛ける感じになる。

 

トラックに引っ掛けずにベルトの力だけでボードをバッグに固定するのはゴム製のベルトでもないと無理。小さいカーバーでもそれなりに重いからね。

 

バッグの中も荷物でパンパンじゃないと、あっけなく地面にずり落ちる。

 

バッグ

バッグにもよるけど、この写真のバッグの場合は下側のベルトで下側のトラックを引っ掛けるようにして支える。

 

上側のトラックは上側のベルトで引っ掛けるには位置が合わないので支えるだけになる。

 

 

まとめ スケボーリュックを探してから カーバーしに行く場所を探そう

 

カーバー

スケートボードのバッグって探してみて初めて気づくことは結構安く手に入るということ。

 

あくまで想像なんだけどスケボー用のリュックってそんなに売れていない?

 

バッグにスケートボード用のバンドが2本ついている。

お店で見た人はこれ何に使うの?という人が買うか買わないか。。。という流れかも。

 

はじめからボードを固定するこの2本のバンドに期待してバッグを求める人は結構少ないはず。

だから結構安い値段の製品がネットで流通している。

 

 

【アマゾン】「スケートボード リュック」で検索してみよう。アマゾンなら結構掘り出し物が見つかるよ。このリンクからチェックしてみてね。

 

【楽天市場】「スケートボード リュック」 楽天市場ならこちらのリンクからチェックしてみよう。結構変わり種なバッグがあるから驚き。早速チェックしておこう。

 

カーバーの関連記事はこちらのバナーリンクから記事に飛ぶのでチェックしてみてね。

 

 

 

★最新記事の通知★を受け取る
スポンサーリンク