SIXPAD/シックスパッド ジェルシートを2倍長持ちさせる 扱い方とおすすめの互換品

 

 

シックスパッドジェルシートって結構高いですよね。

 

公称されているジェルシートの寿命は一月程度。その度にジェルシートを交換していたら結構出費ですね。

 

でも、ジェルシートを交換しないと、それこそ使わなくなってしまう。

 

ジェルシートが劣化するのが嫌だからと言う理由で使わなくなってしまったら本末転倒な状態。

 

では、どうするか、ジェルシートをできる限り長く使うようにする。

 

ジェルシートの扱い方次第で2倍程度寿命を伸ばせます

 

 

ジェルシートの扱い方にとにかく気を配る 裏技はないよ

 

ジェルシートを取り扱う場面は、大きく3つの場面があります。

 

そのポイントはとにかくジェルシートを丁寧に扱うことが、長持させる秘訣です。

 

雑に扱うと当然ですが、ジェルシートの寿命は縮まります。

 

長持させる3つのポイント
  • 交換時にシックスパッド本体へジェルシートを貼り付ける場面
  • 使用前に体にシックスパッドのジェルシート面を貼り付ける場面
  • 使用後に体からシックスパッドのジェルシート面を取り外す場面

 

3つのポイントを詳しく説明していきます。

 

新品のジェルシートをシックスパッド本体へ貼り付ける場面

 

まずは新品のジェルシートをシックスパッド本体に取り付ける場面が最も大切です

 

とは言え、最初からジェルシートをうまくシックスパッドに貼りつけれる人も少ないと思いますので慎重に作業しましょう。

 

ポイントは、やはりシックスパッドとジェルシートの間に気泡が入らないように丁寧に貼ること。

 

そのためには、ジェルシートを貼り付ける時に慌てないこと

 

特にシックスパッドを購入してすぐは、早く使ってみたいという気持ちで、どうしても気が焦るので、ジェルシートの貼り付けが雑になりがちです。

 

今後シックスパッドを長く使い続ける上でも、一番最初のジェルシートの貼付けが最大の大切な山場とも言えます。

 

失敗するケースとは
  • 電極部分とズレてジェルシートを貼ってしまう
  • ジェルシートを貼り損じて劣化させてしまう
  • ジェルシートの隅を丸めてしまう
  • ジェルシートを衣服に接触させてしまう

 

シックスパッドの電極部分とズレてジェルシートを貼ってしまったり、貼り損じて劣化させてしまったり、ジェルシートの隅を丸めてしまったり。。

 

最初から、ジェルシートがそのようになってしまうと、シックスパッドの効果に疑問をさしはさむ余地が生まれてしまいかねません。

 

ジェルシートが劣化するスピードも通常よりも早くなる可能性もあります。

 

一枚一枚丁寧に、保護フィルムをジェルシートから剥がして順にシックスパッドへ貼り付けていきます

 

ジェルシートの裏側の保護フィルムは、全てのジェルシートをシックスパッドに貼り付け終わってから順に剥がすようにしましょう

 

不用意にジェルシートに触れたり、衣服がジェルシートに接触したりしないようにするためです。

 

箱から出してシックスパッドを使うまでは準備に30分程度を要すると初めから考えておきましょう。

 

シックスパッドの使用後は保管用の台紙にシックスパッドのジェルシートの面をしっかり貼り付けて保管しておきましょう。

 

シックスパッドのジェルシート面と保管用の台紙との間に隙間があくと乾燥しやすくなるので劣化が早く進みます。

 

シックスパッドが台紙からずれてはみ出ないように注意します。

 

シックスパッドをうまく台紙に張り付けられたら、上から手でしっかり押さえましょう。

 

 

 

使用前に体にジェルシート部分を貼り付ける場面

 

保管用の台紙からシックスパッドを取り外す場面では、次のことを注意しましょう。

 

左右いずれか、または上下いずれかから、ゆっくりと、シックスパッドを保管用の台紙から取り外します。

 

注意点
この時に、シックスパッド本体とジェルシートがはがれそうなときはいったん取り外すのをストップしてください。保管用の台紙に再度貼り付け直します。その時に、しっかりシックスパッドのはがれそうなジェルシートの部分と台紙をしっかり押し付けてください。その後、もう一度ゆっくりと取り外してみてください。

 

体にシックスパッド本体を張り付ける際には、衣服などに注意。

 

注意点
まくり上げていたシャツなどのすそやそでなどが、ずれ落ちてジェルシートに付着しないように注意してください。

 

シックスパッド本体が伸びた状態で、体に張り付けるようにしましょう。

 

注意点
シックスパッドの中央部分がだぶついて浮いていたりすると、ジェルシートがはがれやすくなります。使用前に、上から押さえてジェルシートと体との隙間を無くそうとしますよね? そうなると、ジェルシートが曲がったり丸まった状態になってしまいます。

 

 

 

使用後に体からジェルシート部分を取り外す場面

 

体からシックスパッドをはがす際には、次のことを注意しましょう。

 

いずれか片側からゆっくりと取り外していきます。(できれば定期的に左右変える)

 

シックスパッド本体からジェルシートの端の部分がはがれそうにならないように注意します。

 

注意点

はがれそうだと感じたら無理にはがさず、親指ではがれそうなジェルシートの端を押えながらゆっくりとはがします。

その時のコツは端だけを指の端で押えるのがポイントです。ゆっくりとやってください。場合によっては爪側で軽く押えるのもいいかもしれません。

ジェルシートに触れると、かえってはがしてしまうことにもなりかねません。なるべく、シックスパッド本体側にジェルシートをこすり付けるように触れるようにしましょう。

しっかりと押えなおすときは、指でやらないようにしてください。保管用台紙に張り付けなおした際に、しっかりとシックスパッド本体越しに押さえつけてください。

 

ジェルシートの端が丸まった状態になってしまったまま放置しないようにしましょう。

 

※上の写真の丸の箇所の様な状態です。この程度は軽度なのですが、これ以上めくれる場合は指で軽く伸ばすように広げておきましょう。できれば爪側で。

 

 

ジェルシートが劣化するパターンとは

 

ジェルシートが劣化するパターンとしては次の2パターンがあります。

 

①乾燥して硬化するパターン

ジェルシートがカチカチになって電気信号を通しにくくなります。

 

ピリピリ感が多くなります。

 

シックスパッドを台紙に保管するときに、うまく張り付けれていないなどの場合や、ほこりが付着などして乾燥するケースがあります。

 

②形が崩れて軟化するパターン

ジェルシートがドロドロに溶けるような状態になり、削れてはがれていきます。

 

意外に思われる人がいるかもしれませんが、こちらの状態の方が長持ちします。

 

ジェルシートは適度な保湿状態が必要であると思います。

 

ただ、汗をかいて必要以上に湿気ている場合は、少し(数分程度)ジェルシート面を上にして若干乾燥してから保管用の台紙に張り付けるようにしましょう。

 

ジェルシートは末期状態ではドロドロになり、見た目は汚くなりますが、交換時にはしっかりウェットティッシュなどを使えば完全に取り除くことでが可能です。

 

 

 

シックスパッドと一緒にプロテインも摂ってみよう。プロテインが初めての人には明治のザバスプロテインがおすすめ。ウェイトダウンタイプで体重減も期待できる。こちらの記事リンクから。

まとめ 少々神経質に取り扱うことで確実にジェルシートの寿命は延びます

 

毎日のちょっとした心掛けが大切です。少しでもジェルシートを長持ちさせて、少しでも出費を安くおさえることで、トレーニングをより長く続けていくようにしましょう。

 

いくらいいものを持っていても、使わなくなったら意味がないですからね。

 

 

シックスパッド ジェルシート 互換品なら維持費がもっと安くつく

 

最後に、ジェルシートの互換品を利用することで、コストを押さえることができます。

 

ジェルシート互換品

 

いろいろなジェルシートの互換品が出ており、性能が均一かどうかは、試してみないとなんとも言えないところでしょう。

 

ただ、言えることは、ジェルシートの安い互換品を使っても、正規品同様に丁寧な扱いをすることを忘れないでください。

 

結局、安く維持費をおさえても、ランニングコストは無駄なコストには変わりないわけです。

 

互換品のジェルシートが安いからと言って丁寧に扱っておかないと、かえって寿命を短くして、交換サイクルが早くなっては全く意味がないからです。

 

 

ジェルシートの互換品を使うときも安いからと雑に扱わないこと

 

互換品のジェルシートを使用する際の注意点は、シックスパッドの種類に応じた形状のジェルシートを選ぶことです。

 

シックパッドアブズベルトなどは中央部分のジェルシートは一枚物の長いジェルシートが2枚になっています。

 

この部分をもちろん、短いジェルシートを6枚張り付けることでも代用可能ですが、確実に手間が増えます。

 

その分、ジェルシートの扱いも面倒になります。

 

ジェルシートの扱いが面倒になると、雑に扱いがちになり、劣化も早まります。

 

結局、シックスパッドを使わなくなることにもなりかねません

 

シックスパッドを効果的に利用することは結局、飽きずに長く使い続けられるかどうかが最も大切なことです。

 

筋肉は増えることもあれば、減ることもあります。

 

一時だけの使用で、もうシックスパッドを使わないわけではないないですから。

 

シックスパッドを購入したばかりのタイミングでは、ジェルシートのことまでは、なかなか思い当たらないでしょう。

 

あらかじめ理解しておくことが大切です。

 

ジェルシートの互換品をレビュー おすすめはこれ

 

ジェルシートの互換品は値段ありきだけでは選ばないのがポイントだと思います。

 

検索すると山ほど同じようなジェルシートの互換品をうたう製品が存在します。

 

どれを選んだらいいのやら。。

 

アマゾンにしろ、楽天にしても購入者のレビューは参考程度としてチェックしておくのが良いと思います。(あまり鵜呑みにしすぎないように)

 

下の画像の互換品のジェルシートは、アマゾン、楽天の両方で取り扱いのある会社のもの。

 

ジェルシート互換品

ジェルシート互換品

こちらの画像の互換品の品質には特に問題なし。個人的にはおすすめだと思います。

 

どの会社の製品かは下のリンクからチェックすることが可能です。アマゾンでも、楽天でも同じ会社で取り扱いがあります。

 

amazon アマゾン ※amazon公式から購入はポイント10%付与あり。お急ぎ便あり。

  Rakuten 楽天市場  ※楽天アプリ、楽天カード、楽天モバイルなど利用者は高ポイント付与。

 

ほとんどの人ならアマゾンか楽天市場かどちらかのネット通販の利用経験ありますよね。

 

 

シックスパッドを使った追い込んだ使い方を解説しています。あなたにあった無理のないレベルでトレーニングしてください。詳しくはバナーから。

まとめ

 

最後に重要なことをお話しておきます。

 

最初こそ一生懸命シックスパッドを使うのですが、そのうち面倒くさくなります

 

劣化したジェルシートを交換することも結構面倒です

 

そして、次のジェルシートを買い求めることが実は最も大きな障害なのです。

 

ジェルシートを購入するという手間が面倒なのです。

 

だから互換品を購入する場合は、安い分、複数のジェルシートを購入しておくことをオススメします。

 

長く使って、シックスパッドの効果を引き出しましょう。

 

 

あなたがシックスパッドに求める効果ってなんですか?効果をどうやったら見極められるか。読んでおかないといつまでもゴールのないトレーニングに。

 

 

シックスパッド全21記事へのリンク一覧はこちらに用意しておいたよ。シックスパッド記事一覧へ

 

 

[PR]

※使用感は純正と何ら変わりません。あくまで個人の感想です。

 

※互換製品の使用はあくまで個人のご判断でご利用ください。シックスパッドの正規保障適応外となります。

 

 

>>SIXPAD専用アプリの繋ぎ方の記事を書いたので、これまでうまくいかなかった人も使えるようになるはず。→こちらから

 

>>トレーニングギアならなんだって揃うんだ。eSPORTSなら探し物も掘り出し物も見つかる。あなたの次にほしいものもここにはあるよ

 


★最新記事の通知★を受け取る
スポンサーリンク